2017/09/14

葡萄とバラを描く@2017



9月に入り、シャインマスカット、ナガノパープル、黄色いバラ、赤い実のような花ヒペリカムを描かせた。
静物画はレイアウトのセンスが大切だと思っている。日常生活においてのインテリアや服のセンスも小さい時から気持ちの良い組み合わせを意識させることが大切です。それはこうした絵を描くことで感覚を磨けると思っているが、もっと遊んでいたい子供たちにそれを意識させることは難しいが。
物を見て描くことは受動的な部分もあるので、今回は容易に描くと思っていたが、夏の疲れからかやる気が無い子が多かった。お喋りも楽しそうで静止させ集中させるのが難しかった。
だが、もっと描けと言い続けて結果的にはブドウとバラの花、ヒペリカムが描けたのだから、良しとしよう。ぶどうは茎からお母さんの栄養をもらって美味しく甘い味を作ると説明したが、それに強く反応する子としない子がいる。



ツカサがより太い茎を描いた。全体的にもバラの花とブドウのバランスも良い。花瓶も水も可愛い。ブドウの紫も混色をしっかりやっていた。雨を降らしたのは今年の夏に雨が多かったからだろうか。



ホノカはひとつひとつをゆっくりと描いていく。絵を描きながら詩のようなフレーズを言うのだけれど、今日は皆がおしゃべりが多かったので注目して書き留められなかった。全体に色彩を多く使い、幸せ感がある。



カオリはバラもヒベリカムもきちんと描いているが全体に流れがなく寂しく感じたのでもっと絵の具で敷き布を描こうと言ったが途中で終わりになった。デザイン的といえば言えなくもないが、それを意識するには作品の数が少ない。もっと描かせなければ。



マオはブドウは小さめだが絵としての楽しさは感じられる。ヒベリカムがロウソクのように周りに動きを出している。サインも真ん中に描き、敷き布を絵の具で描きかけで終わってしまったのは残念だった。まあかなり子供たちには描くようには言ったのですが、私も子供たちのパワーに圧倒された。



ソウタロウは初めに大きくブドウを描き花の描く場所が無くなったので、長く大きく2ページ繋げて描かせた。ブドウが描きたくてバラはいい加減になった。敷き布がもう少し丁寧に描いたらいい作品になったと思う。ソウタロウは一枚の作品より多数描かせる方が集中できるかもしれない。

各々の作品の写真は豊田芳州撮影。階段での写真は私。

| | コメント (0)

2017/08/24

夏休みの工作「バルサ材の木の家」


夏休みの時間をかけた工作は「バルサ材の木の家」です。ハサミで切ることが出来るバルサ材なので、初めは心配な子供たちもすぐに着手しました。屋根と窓とドアがあれば家になることを教え、イギリスのカントリーハウスの本を見せて始めました。教室に来ている子たちはまだ1年生と4歳児なので、イギリスの家の写真を見てもわからないでしょう。ただ、木や石で出来ている家があることを意識させて始めました。制作時間3時間

私が見本として作った家はパックされていた材料を全て使って作りました。ハシゴだけ」は事前に私が作っておきました。丸いこげ茶の木は住んでいるマンションの桜の木の剪定の時に植木屋さんから頂いた木です。



カオリは不安定な家をバランスを見ながら足していきました。ドイツのバウハウスを連想させる建物があります。やって行くうちに考えた丸い池も楽しそうです。一軒の家が前の家で隠れてしまったのは私の撮影が下手なのです。カオリはマオと比較すると熟考して慎重に作業を進めます。

ホノカはせせらぎの川が流れている家で、犬小屋もたくさんあります。バスも走っています。高い家を作っていないのは幼少期でまだ視野も低いのでもう少し高学年になった方がきっと面白い作品が出来るでしょう。でも犬小屋に目線が行くのは今だからこそです。幼い時の作品の中にその子の気持ちを探すのも大切なことです。

ソウタロウの家は焚き火をするところもあって家はいろいろです。特にこだわりはないですが全体が調和してる感じです。作業は早いです。家の前に高速道路を作り下を川が流れている。夏の思い出がこのような情景を作ったのでしょう。

マオはツリーハウスを作ったので木をつなげて高い家にし、はしごも2本つなげました。たくさん家を作ったので高く重ねることが出来ました。自分の主張をしっかり言い、どうしても海を多くしたいと言いましたが、持ち帰り、作る時間の事を考えて少なめにしました。このような工作をするとマオとカオリは双子であっても考え方に個性が出て来るようです

子供たちが作り終わってから、どんな家に誰と何をして住みたいかを聞きました。
ソウタロウ //青森のおばあちゃんちに住みたい。お父さんと一緒に虫や生き物を探すのが良かった。夏休みに蛇とカエルを採ったから。
マオ //かおちゃんと一緒にパオに住みたい。ママとパパとジジとババと友だちノアとハルト、他に友だちいっぱいと住みたい。
カオリ //パオに住みたい。とても広かったから。ママと一緒にパフェ作って住みたい。
ホノカ //パパとママとすおちゃんと住みたい。綺麗でプリンセスみたいなお家がいい。

子供は自由にと放って置いたら気付きも少なく、次に続く観察も少なくなりますが、こうして物を作る時にヒントを与え観察を促し、工作として作っていけば、町中でふと見上げた新しいビルの窓や屋根のデザインに気がつく事にもなるのではないでしょうか。今作っている造形が稚拙であってもこのような作業を繰り返すことで子供の好奇心を育てたいのです。これが造形教育なのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2017/07/29

「小さな発見・大きな感動」ある理科実験教室の報告

一年前の8月に昔からの友人小林慎一郎氏から「大豆戸小学校で理科実験を教えて来た」というメールをいただいた。その時は事後報告だったので、どのような理科実験なのか解らなかったが、つい最近そのことに関する本が送られて来た。その理科実験教室の趣旨がよく分かる内容だった。
書籍名は「小さな発見大きな感動」出張型サイエンスイベント特集(Gakken)
因みに私は若い頃学研に勤めており、豊田も在籍していました。この本の出版社がGakkenということもあり、また不思議なご縁を感じました。


目次には
✈︎1 日本IBMトライサイエンス実験教室
✈︎2 やまがた「科学の花咲く」プロジェクト
✈︎3 アニメ理科実験教室
✈︎4 一般社団法人ディレクトフォース 理科実験グループ 「豊かな経験と知識で科学の楽しさを伝えていく
✈︎5 日本科学技術振興財団の活動

小林氏はこの✈︎4ディレクトフォース 理科実験グループのチーフのようです。
今回8月9日に横浜市大豆戸小学校でも午後から理科実験の授業をするとのことで、私も見学者としてご招待を受けました。その日は残念ながら、都合が悪く参加できません。とても残念なのでこの本を通してブログで紹介することにしました。

「小さな発見 大きな感動」の中のデイレクトフォースの活動実績によると開始した年の2010年の実験教室数は22、参加者は700人だったが、年々増えて2016年には教室数312、参加児童8355にもなっている。活動内容は児童4、5名のグループに講師が1人つき、実験器具もできるだけ手作りにし、身近な材料を使ってコストを抑えるようにすると書いてある。テーマも「墨流しを作ろう」「活性炭でおいしい水を作ろう」「電池を作ろう」「飛行機はなぜ飛ぶの」「風車を作って発電しよう」「my地球儀を作ろう」「滑車の実験」などなど低学年向けから高学年向けへと対象が上がっています。
指導しているメンバーの方たちの活動への思いや感想も添えられています。またデイレクトフォースの発起人、顧問の方々はそうそうたる実業界メンバーが名前を連ねている。

私の友人小林君(小林氏)は麻布学園高校を出て、東大へと進み金属系の会社の重職を経ています。高校時代の文化祭では白衣を着て理科実験の説明を分かりやすく受けたことを思い出します。
小林氏(小林君)が子どもたちへの理科実験を指導すること、またディレクトフォースの社会貢献と科学教育への情熱のパワーをまとめ、メンバーの自己研鑽のお仕事へ移行されたことはとても幸せなことなのではないかと思います。小林慎一郎氏の今後のご活躍を心より祈っています。

問い合わせ先
一般社団法人 ディレクトフォース Web:www.directforce.org/
03-6865-7860

| | コメント (0)

2017/07/11

音楽を聴いて描く@ヴィバルディの四季

ホノカ
今回は「音楽を聴いて描く」はヴィバルデイの四季を選びました。小学1年生には少し難しい課題だったと思います。今まで色々な曲を選んで来ましたが、子どもたちに分かり易くと考え、どこかで聴いたことがある曲ならば違和感がないだろうと思い曲を聴かせて描かせました。

ツカサ
音楽を聴くことで右脳を刺激して描かすことを目的にしていますが、今回は子どもたちに「四季」の意味を話してしまったため、かなり左脳を使ってイメージを作り上げた感じでした。子どもたちには面白くないお絵描きになったのではないかと思います。

ソウタロウ
今回は自然の美しさを表現させましたが、私は絶対音楽(分かりやすく言うとバッハなどの情景を感じない音楽)を流して描かすべきだったと反省してます。
標題音楽(歌詞が付いていて意味がわかったり、明らかに情景を感じる音楽・ヴィバルディなど)などはかえって低学年の子どもには描きにくいものでした。

マオ
方眼のボードを四分割して音楽の違いを描き表させました。太陽が全員元気で楽しく描けています。まだ4歳のホノカには音楽を多色の線で描き表し、これはこれで今しか描けない絵ではあります。作品を見てるとホノカ、ソウタロウ、ツカサ、マオ、カオリそれぞれが工夫した跡が感じられるので、これは次に続けられたら続けようと思います。

カオリ
今度はテクノっぽいのかジャズか民族的音楽か。私にも意味がわからないのが良いのではないかな。

| | コメント (0)

2017/06/28

マイヨーヨーを作る



今回は木のヨーヨーに着色して、マイヨーヨー作りをしました。5月に「アクリル絵具を木に塗る」で塗り方を練習して今回に臨んだのです。ヨーヨーは上手く出来ると、リビングの片隅に置かれいつまでもその子の思い出になります。低学年である小学校1年生に、作り方を教えるのは手順の準備が非常に大切です。そして作り始めると、子供の進行によって説明はいろいろです。でも色彩の対比や混色の表現の説明を抜きにして、面白く楽しんで作って良いと思いました。


今日中に持ち帰り、遊びたいという希望をかなえて、ニス塗りもすると乾くまでの時間が少なくヨーヨーなのにペロペロキャンディーのように持ち帰らせました。そこで全員の写真は撮れませんでした。1人だけ作品を写せた子がいました。
乾くまでの間パウルクレーの絵の塗り絵をさせていたのですが、カオリ、マオ、ソウタロウ、ツカサでゴキブリの歌を唄いだしました。ホノカは別の歌をうたいだしました。そういえば昔A君が歌っていた「男だったの〜カルセルまきは〜」(銭形平次風で)なんかも思い出します。今回はどうかわかりませんが、いつも楽しいことをすると子供たちは歌を歌い出すようです。出来れば綺麗な面白い歌が歓迎ですが。
ヨーヨーは1人が2つ作ったので家でお父さんやお母さんと一緒に回し方を競い合うのも良いですね。おじいちゃんにプロ級の技を教えてもらうのも楽しいですね。

| | コメント (0)

2017/06/13

初夏の果物を描く

季節の果物を陶器やガラスの器に入れたものを描写させました。低学年では透明なガラスの器に入れると困る子が出て来ます。透明は色が無いからです。でもそれでもそこに何かがあると、感じさせられれば良いからと少し困らせてガラスを使います。いつかまた子供たちが透明感を自分らしい表現に気がつく時があると思います。
今回の果実はビワとさくらんぼとキウイです。器と果物を置いた通りに描こうとする子と、果物だけを並べて描こうとする子がいます。自由に描く日なのでそれでもOK。果物だけを描けば平面をなんとかしないといけなくなるので自然とデザイン的な平面構成をすることになります。モチーフをある通りに見て描けば写真的に構成するでしょう。自由にすることで子供の目の付け所が分かれます。
カオリ
カオリはビワの楕円と混色、そしてサクランボを一生懸命描きました。ガラスの器に可愛くならんでいます。キウイの芯も美しい。丁寧に描いています。
ツカサ
ツカサはキウイを上から見た円と横からのカップ状をセットで描いています。原始的な表現とも言えるし、図面的な見方にも見えます。高学年には出来ない描き方で、今だからこそ描けるものです。バックの色をシンプルに2、3色にすれば果物が引き立ちますが絵の具箱の色を皆使い賑やかです。
ソウタロウ
ソウタロウは器のバランスも良く敷布の色も良く見て描いていました。グラスのフチを下側を描いてから続けて上側をグルッと丸く描くのにはビックリしました。物の考え方と表現が一致しています。
マオ
マオはクレパスに巻いてある紙を剥がしてしまったのでクレパスが指に付いてしまう。この間それをやり始めた時に汚くなるからと注意したけれどそれを続けてしまった。その事を思い出させてマオに言ってみた。私も小さい時にそんな事をした気がする。今回の課題とは違うことだけど、子供に接していて「注意と結果」を指摘するのは大切だと思う。もちろん叱っているんじゃ無いからね。
でマオの作品は元気で、フルーツが太陽の光を浴びて元気に育っている感じがする。赤やオレンジの果物の周りを黄緑に塗っているのは補色でイキイキとしてくる。いつも姉妹が同じ表現をしていたのが徐々に違って来た。いい傾向だ。みんな違ってみんな良い。
ホノカ
そして今回またあとりえチビッコ二世が入った。麻子・彩子姉妹で来ていた麻子ちゃんの子、ホノカちゃんだ。まだ入ったばかりなので皆と仲良くやれるようにクレパスと絵の具を塗っておしゃべりしている。「ジイジのうちにブルーベリーがあってそれでパイを作ってくれる」新しい子にみんな注目している。

| | コメント (0)

«ザリガニを描く