2018/10/15

ホトトギスとビンを描く

今日のあとりえチビッコはカオリちゃんとマオちゃんの2人だけでした。長野の庭にあった黄色い女郎ホトトギスとシャンパンのビンをモチーフにしました。他に生徒がいなかったので2人の双子関係を意識して教えました。 いつも真似をしたり、いつのまにか似てしまう絵ではつまらないからねと言いつつ進める。今日は違う考えで描けば、違ってくるわと言いながら、興味の対象が別であると意識させて進めました。


マオちゃんはシャンパンのラベルをスクラッチ画で描くことをやり始めると自信を持って自分で描いていきました。


カオちゃんはビンの形を手でなぞってからクレパスで描いていきました。ホトトギスの葉が尖っているとそれを描き、花は難しいと言うので私が折ってそばに持って行って観察して描きました。花の中の点々が面白いと気がつきました。

もっともっと観察して新しい発見をしてそれが絵に描ければ楽しいので、今はどうしても方法を教えてしまう。マオカオちゃんたちが保育園での絵の時間のことを話した。写し絵や塗り絵をよくしたそうだ。自分から描くことはしなかったらしい。それが全てではないと思うが、幼児期の絵の環境が写し絵や塗り絵はあまり絵画教育としては望ましくないと思うが、私が彼女たちを教え始めてもう1年半は経っているのだから、きっと徐々にいい変化が出て来ていると信じたいです。

バックをどうするかをきめるのに青、赤、緑、紫、橙色、水色のクレパスを出してあげて、いらない色を箱に戻していく方法で残った色を塗りました。マオちゃんは青、水色、紫。カオちゃんはオレンジ色。
2人が絵をとうして自分を意識した時間を持てたのはgood job!と言いたいです。

| | コメント (0)

2018/10/04

バラクラ収穫祭「寄せ植えの芸術展」


バラクラ収穫祭の寄せ植えのコンペティションは私は2作品出展しました。黒い鉢の作品がゴールド&ハイリコメンド賞をいただきました。寄せ植えはこのように賞をいただき次へのステップを踏むのですが、まずは作るだけでエネルギーを使い果たしてしまいます。


今回も提出する段階でホッとして現実の生活に戻る私です。







バラクラ収穫祭ハーベストフェスティバル2018は10月8日まで開催されています。

| | コメント (0)

2018/09/23

魚を描く@2018秋

シユウタ
今回は子供たちは魚を描きました。メバルとイワシです。
まず始めに机に座り魚を見て「臭い!」と声があがります。それから子供たちの発想の源はおしゃべりしながら広がっていきます。
ツカサ
「この匂いは嫌じゃない」「好きだよ」とも。
「この匂いは何処かで嗅いだことないか」と聞くと返事がない。海の近くでは?
「お料理屋さんでマグロを釣って切った時」「この魚はメバルとイワシよ」「メバルは竿で1匹ずつ釣ったりするけどイワシは海の中を集団でスイミーみたいに泳いでる」「水族館で見た」「水族館でペンギンも見た」「水族館はママが具合が悪い時にパパに連れて行ってもらったよ」「先生のところもお姉ちゃんが水疱瘡になった時に下の妹をパパが水族館に連れて行ったよ」「きっと寂しい思いをさせないようにとパパが考えたのよ」「違うよ、私たちが連れてってと頼んだよ」その他いろんなエピソードがあった。

マオ
そして今日はアクリル絵の具で描くので鉛筆でラフスケッチして始めた。良く観察すること。魚の中にある線や点、色もよく見て。そして絵を描くことは、算数とは違う。「1足す1は」「2!」「2!」「2!」「2!」

カオリ
では絵を描くことは「1足す1は」「5!」「100!」があるのよ。「無限!」

そしていつもの子供たちの質問「 これ終わったら魚どうするの?」「煮て食べたり焼いたりする」「欲しい!」
以前はこういう反応はお行儀が悪いと思っていたが、欲の無いよりは欲がある方が良いだろうとある程度は作品の出来不出来を評価して競わせている。

ホノカ
今回は運動会の延期などでホノカちゃんが午後から1人でのおけいこでした。このような教室での時間はいかに自由な雰囲気の中で描くかが大切で、観察力やコミュニケーション能力が育って行くと思います。

| | コメント (0)

2018/09/05

カラーシートでデザインする

グリッターシートという中国製のカラーシートを使い、12枚の中から好きな色を3種使い好きなように切り貼って行くことを説明して進める。シールが貼り損ねてシワになったりくっついたりする失敗例も話した。切って目的の形を作っていくがその残りの形も何かの形になったりするのでそれも使ってみると話す。色の組み合わせは始めの気に入った色に合う色を合わせて考えて行くと話す。一つの色彩を決め、次に合う色彩を考えるという作業こそ色彩感覚を養うことだから、子供たちには出来るだけその働きかけをしていくことが大切だと思います。


ツカサは何かにつけて赤と金が好きだと言っていたが、今日はその組み合わせの二色でレイアウトしていった。初めはバラバラな感じだったが最終的にはまとまった。ツカサはハサミの使い方に癖があるので何度か注意して一緒に手を重ねて指導した。


新しく入ったツカサの弟シュウタは初めはハサミを使っていたが、手で切り始めていく。少しでも「ここはどうする」とか「ここはこうしない?」と聞くと「僕が作るんだからダメよ」と言ってマイペース。でもその気概は大切だが、指導者のいうことを聞かない子にしてしまうといけないので、「でもね、時には言うことを聞いて違うやり方もしてみようね!」と話す。シックな色使いでバランスもいい。


ホノカは細かい形を切り拡散していたが、切り残しの形が犬に似ているねとみんなが気づき、真ん中に置いてみると可愛い犬になった。そこから綺麗な蝶もできた。初めから具象のものを作るのではなかったが、途中で気づいた形は大事にしたい。ホノカちゃんの可愛い雰囲気に合う切り貼り絵になりました。


マオちゃんは初めから全体を捉えて切っていった。構築力があると感じた。色彩は一番好きな水色を使わないで考えたと言っていた。なかなかの出来だと思う。その中に鬼があると言っていたが、口ではもちろんそれはお母さんと言っていたが、本当にそう思って言ったんじゃないと私は思う!


カオちゃんはスケッチブックの周りにずっと三角を貼り続けていて、全体がいつまでも見えなかった。いつものパターン通り時間がなくなってきた。そこで残っている大きな四角の上に切ったuの字を置いて最後にまとめた。拡散型から中央集権型になった。色も形も出来上がったデザインは良い。全体から始めてあとから細かいところに目を向ける方が仕事としては良いのだけど、なかなかカオちゃんはそれが出来ない。私もまだ教えられていないようだ。写真の上が切れているので次回取り直し載せますね。
今回作品の密度が低い場所を子供たち同士で指摘させたのは良かったと思う。

| | コメント (0)

2018/08/21

紙粘土でマグネット



もう夏休みはあとわずかですがまだ今年の異常な暑さは続くのでしょうか。我が家の娘たちは「夏休みはあとわずかてす」などとテレビで言うと、酷く嫌がったものです。娘たち、孫の「夏休み」は私には遥かに遠くなりました。

あとりえチビッコでは夏休み前半に作ったマグネットを今日、ニス塗りなどして渡しました。
粘土の乾燥で歪みができてマグネットの装着が完全ではありませんが、暮らしの中で使用するものを子供が作り、実際に使うことは大切です。

| | コメント (0)

2018/08/02

プラ板と紙粘土で作る額

ホノカ
夏休みに入り、あとりえチビッコではミニ額を作りました。プラ板で作った多色のカケラを粘土に埋め込んで既成の木の額に貼り付けていきます。紙粘土は縮みますが、子供らしい表現として修正はしていません。そこに小さな絵を描いて額を完成させました。いつもは使わない色鉛筆を使いました。強く描くように言いましたが、どうしても筆圧が弱い子もいます。指導についての私への宿題のようです。
カオリ
粘土は一般的に子供たちが好きな素材のようです。粘土はママの柔らかいおっぱいのようで、ホッとするもの、ぬいぐるみなどの感触もそうです。ちょうど来ている子たちには下にまた弟や妹が生まれた子や、生まれる予定の子もいるので、そういう意味で意識的に使ってみました。
マオ
たとえ2年生でも精神的に揺れ動くのではないかと、私の小さい時の経験では想像してしまいます。私は他の子に比べて感じすぎの子だったかもしれませんが。

ツカサ

シュウタ

| | コメント (0)

«英語とインスタグラムとドローウイング