2017/06/13

初夏の果物を描く

季節の果物を陶器やガラスの器に入れたものを描写させました。低学年では透明なガラスの器に入れると困る子が出て来ます。透明は色が無いからです。でもそれでもそこに何かがあると、感じさせられれば良いからと少し困らせてガラスを使います。いつかまた子供たちが透明感を自分らしい表現に気がつく時があると思います。
今回の果実はビワとさくらんぼとキウイです。器と果物を置いた通りに描こうとする子と、果物だけを並べて描こうとする子がいます。自由に描く日なのでそれでもOK。果物だけを描けば平面をなんとかしないといけなくなるので自然とデザイン的な平面構成をすることになります。モチーフをある通りに見て描けば写真的に構成するでしょう。自由にすることで子供の目の付け所が分かれます。
カオリ
カオリはビワの楕円と混色、そしてサクランボを一生懸命描きました。ガラスの器に可愛くならんでいます。キウイの芯も美しい。丁寧に描いています。
ツカサ
ツカサはキウイを上から見た円と横からのカップ状をセットで描いています。原始的な表現とも言えるし、図面的な見方にも見えます。高学年には出来ない描き方で、今だからこそ描けるものです。バックの色をシンプルに2、3色にすれば果物が引き立ちますが絵の具箱の色を皆使い賑やかです。
ソウタロウ
ソウタロウは器のバランスも良く敷布の色も良く見て描いていました。グラスのフチを下側を描いてから続けて上側をグルッと丸く描くのにはビックリしました。物の考え方と表現が一致しています。
マオ
マオはクレパスに巻いてある紙を剥がしてしまったのでクレパスが指に付いてしまう。この間それをやり始めた時に汚くなるからと注意したけれどそれを続けてしまった。その事を思い出させてマオに言ってみた。私も小さい時にそんな事をした気がする。今回の課題とは違うことだけど、子供に接していて「注意と結果」を指摘するのは大切だと思う。もちろん叱っているんじゃ無いからね。
でマオの作品は元気で、フルーツが太陽の光を浴びて元気に育っている感じがする。赤やオレンジの果物の周りを黄緑に塗っているのは補色でイキイキとしてくる。いつも姉妹が同じ表現をしていたのが徐々に違って来た。いい傾向だ。みんな違ってみんな良い。
ホノカ
そして今回またあとりえチビッコ二世が入った。麻子・彩子姉妹で来ていた麻子ちゃんの子、ホノカちゃんだ。まだ入ったばかりなので皆と仲良くやれるようにクレパスと絵の具を塗っておしゃべりしている。「ジイジのうちにブルーベリーがあってそれでパイを作ってくれる」新しい子にみんな注目している。

| | コメント (0)

2017/05/26

ザリガニを描く


ツカサ
今回はザリガニを描きました。男の子2人の保護者の提案で近所の公園でザリガニを捕獲してきてもらいました。小石が入った籠と大きめの石が入った籠と泥水っぽいのとが準備されて持ってきてもらい先生は楽でした。気遣ってくれてありがとう。昔は小机の小川や新横浜の沼地に採りに行き網や手で採りました。徐々にペットショップで買うという反則技も交えていました。それは年齢を重ねたおばさん、場合によってはおばあさんが網を持ってドブ川をさらうのは如何なものかという常識が心をよぎり始めたからです。私はずっとそうしていたいのに!
マオ
自然を相手にした絵画の場合、子供たちとはその自然について色々な話を交えて進めています。山小屋のキビタキの巣の話や鹿の柵の話で盛り上がります。時間的には20分か30分をかけてもいいと私は考えています。様々な方向から考えて、そして観察して、その子が今気づいている範囲で描けばいいと考えます。今回も男の子は何の苦もなく描き始めましたが女の子は気持ちが悪いや怖そうという反応でなかなか描き出しませんでした。そういう時はほんの少しのキッカケで描き始められるので手を取って一緒に少し描きます。

ソウタロウ
そして描きあがるとき、どれだけ自然について知っているか、その生き物への愛着などの子供たちのその度合いは描かれた絵から明らかに解りますが、成長によって変わってくると考えているので、それ以上は言いません。楽しく描くことができれば良いと待っています。

カオリ
ツカサは温泉に行ったザリガニを描いているそうです。いつもお話が好きでたくさんおしゃべりしながら描いてます。今回は色彩も多く密度も濃く描けました。ソウタロウは画面の中に向きや大きさを考えて描いていました。脱皮はお化粧をするときに剥がすパックのようなものと言っているのが可笑しかった。マオ、カオリちゃんはザリガニを怖がってなかなか描き始めませんでした。2人の家庭がアウトドアの生活も多く経験させているのを知っています。出来るだけ不得意や苦手がないようにさせてあげたいです。そうすれば絵も生き生きとして来ると思います。


ツカサ

カオリ

マオ

ソウタロウ
小作品はスクラッチ画です。クレパスで黒以外をランダムに塗り後から黒を塗ってその画面をスクラッチ(引っ掻き)します。各テーマは自由にさせました。ツカサは迷路、マオは女の子カオリはチョウチョ 、ソウタロウはドラゴン。(一部間違って表記していました。訂正しました。ごめんなさい)

| | コメント (0)

2017/05/17

木に絵を描く

今回は「木に絵を描く」でした。工作としてヨーヨーに絵を描く予定があるので、その前に木にアクリル絵具を塗る練習が必要です。アクリル絵の具は水彩絵の具より粘着力があるので筆使いに工夫が必要ですが、子供は何度か使ううちに慣れて上手になります。

木の肌の違いまた匂いもいろいろあります。ヒノキ、ケヤキ、ヒバ、集成材などを経験させたいです。以前の教室では子供たちに材木を切る作業も含めて工作をしたことがあります。

今回は松の木を使いました。約10センチ四方の木の板に好きな色を塗り中心に丸、四角、三角を描いてその周りにまた線や点を描いて、次々に拡散する図形を描くことで出来上がる「物」それが花になったり宇宙になったりもする。初めから決められた何かを描くと言うのではない絵の描き方を感じさせたい。

アクリル絵の具は乾いてから塗ると色の対比が美しく見えます。乾かす時間には定規を使った線の書き方を教えました。定規に左手置いて抑え、右手でペンを持って定規に圧着して書く。道具を使うにはキチンとした指導が必要ですが、4人の生徒なので圧着の感じも一人一人に教えることができます。1年生から定規が上手く使えるなんて、かっこいいでしょ!
今回はマオちゃんがお休みで作品がありません。





| | コメント (0)

2017/05/01

遊びを描く@2017

最近将棋の羽生善治名人に勝った藤井聡太四段は「数学は大好き、美術は苦手」と言ったそうです。私も造形美術を指導していて子供たちに言い続けたのは「算数の1たす1は絶対2だけど、絵や工作は1たす1は5や10や100になる時があって、いろいろな答えがあるからお友だちの作ったものも素敵なものがある」「みんな違ってみんな良い」

今回も遊びの絵を描こうと、どんな遊びがあるかと聞くと昔の子供が言った答えはありませんでした。特に多人数でするかくれんぼ、おにごっこはしたことはなく。1人遊びの木登り、一輪車、自転車も遊びの範疇には無いようでした。子供たちからの声はキックボード、フラフープ、隠れ鬼、だるまさんがころんだでした。人数が4人の教室なので必然的に答えは少ないと思います。

ソウタロウ

ツカサ


カオリ


マオ
子供の遊びの表現は絵で形を表現しないで字で表したのはツカサ君です。私はどう言うやり方でも良いと言ったので、ポケモンもありでした。カオリ、マオはフラフープでした。また、ソウタロウはポケモンと自分、ツカサはポケモンの仲間を字で色彩を変えて書いたので後から周りの色をそれに合わせて塗るように言いました。このように答えは色々ではあります。子供の初期の造形絵画は出来るだけ自由であるべきです。それが見方によってはいい加減ととらえられるかもしれませんが自由であるべきです。カオリとマオは双子の姉妹です。小さい時からずっと一緒なので、作品も似ています。いつか自分たちの個性を発揮して作品を描くことが出来るようになると良いですね。それも時間がかかります。

ツカサ


ソウタロウ


カオリ
2作目はカッテイングシートを使ってコラージュさせました。デザイン的な表現を期待しました。子供は切って貼るうちに現実のものに似てくると、俄然張り切ります。初めから何にしなさいと決めてかかるより、面白い造形が出来るのでこのコラージュは楽しいのです。糊でなく貼れるので造形に集中できます。マオの作品の写真を撮り忘れました。次回に載せます。

| | コメント (0)

2017/04/28

ブログ更新遅れています

福島の親戚の葬儀のためにいわきに来ています。
納棺の儀式には色々ありそうですが、今までにない綺麗で華やかな様式でした。
皆お膳立てをしていただいた中で、無事に喪主の務めを終えられました。


4月2回目のあとりえチビッコの講評が遅れています。
しばしお待ちください。

| | コメント (0)

2017/04/22

蓼科バラクラ、春のマスター講座



写真はバラクライングリッシュガーデンでの「春のマスター講座」での寄せ植えの作品です。
2日続けて、講義と作品を作る予定だったので同じ鉢で作ろうと考えていました。でも今になって考えると、私のそれはその日の指導内容と違っていました。私の勘違いです。初日はイアン・リマー先生の「ランブリングローズの寄せ植え」で、2日目はポール・ウイリアム先生の「トレンドを学ぶ」という内容でした。トレンドは現代風とでもいうものでしたが、私の意識には現代風はありませんでした。1鉢目のランブリングローズに合わせて、2鉢目で全体を作る内容をイメージしていました。ですからその指導内容とは違っていました。確か以前ポールウイリアム先生は植木鉢を何個かで1つのイメージを作るという指導の写真を見せてくださいました。そこで私は蓼科に行く時から2日目の2鉢目で全体を構成するという作戦で作ってしまっていたのです。とんだ勘違いです。
でもこの時期の植物を可愛く使ったので、私は気に入っています。でもポール先生、見当はずれで御免なさい!戻ってから気がつきました。





日比谷でのコンペ作品が川上に戻ってきました。先ほども雪が降っていた、まだ寒い川上ではお花たちはかわいそう。夜は覆いをしてお休みさせてます。

| | コメント (0)

«自分を描く&魚のデザイン