フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

2020年9月20日 (日)

寄せ植えの手直し@2020秋

今日八ヶ岳グレイスホテルの寄せ植えを手直しに行ってきました。セロシアとムラサキシキブを足しました。8月5日から激しい雨や日照りにも耐えてあの時よりも美しくなっている鉢もあり、自分が選んだ植物が厳しい天候を乗り越えたと感じ嬉しくなりました。

いつものお礼の野菜を頂きました。勝手に植栽をさせていただいているので、野菜はこちらこそ、感謝です。

E73597b2031f49b59a5ea612b74b5c23Ecffb156b9e54a568d25c9a6eb762337

2020年9月12日 (土)

庭のバッタ

朝、ブッドレアの木にバッタがいた。昼の太陽の下ではそのブッドレアに蝶が舞う。その木の下の小松菜は蝶の幼虫に葉を食べられて穴あき状態だ。

我が家の小さな命の循環ではあるが、長野から戻ると新聞にケニアのバッタ猛襲の記事が出ていた。牧草が食べられて家畜も飢えているという。殺虫剤の調達や散布が難航し駆除対応が追いつかないという。

朝、私はバッタ(イナゴ)を見た時、妊娠中に食べたイナゴを思い出した。大量のバッタを捕まえて食料にするという発想はできないものだろうか。カレー味? オイルサーデイン風の味?醤油で煮るとか? カルシュームは取れるはずだ。

一応アイデアとして言っておこう。

因みにオンブバッタは親子ではなく、雌雄での交尾ということだが、昭和生まれはオンブバッタは親子だと思いたい。

B700d56233174a4ab7e0be96267bfca5Ed258a49dda7472992e76d9efde9ac5e

2020年9月10日 (木)

八ヶ岳東麓の夏から秋へ@2020

今年の夏はあっという間に秋が来た。それは川上村、八ヶ岳東麓でのことだ。台風の後白樺の落ち葉がハラハラと散っている。その葉をホウキで履く日々でもある。東京ではまだまだ極暑が続いているらしい。今までだったら7月も8月もが太陽が眩しい30度くらいの暑い夏になるはずが、今年は7月は雨が降り続き、夏とは言えない寒さだった。8月も雨がちだった。

山小屋では風呂場の木製壁にカビが生えて、その処理が天候不順でなかなか出来なかった。8月終わりにカビキラーで掃除しやっと綺麗になった。窓を開けて空気を入れて乾燥させて、昨日ニス塗りをした。透明ニスで軽く被膜を作った。

裏の山椒の木が茂り風呂場の辺りが太陽に当たっていないのも問題だ。昨日ニス塗りの前に木を切った。晴れと豪雨、雷の間にサンドイッチのように仕事を割り振って出来た。合間に夫の介助。それはもしかするとだいぶ大変な状況かもしれないが、私には自然の中で暮らせているからストレスは打ち払っているのかもしれない。浅間山のようにいつか爆発するかもしれないが。

首相が病気で退陣が決まり、大きな台風10号が日本をかすめて行った。本当ならばオリンピックは開催されていたはずの2020年9月上旬の日々。 長野県のコロナ患者発生は少ないが、9月9日の東京の感染者数は149人だ。私たちもマスクと手洗いと確率を信じて此方に来ているが、油断して少人数になった時にうっかりコロナにかかるということもあり得るとより注意深くなる。

相変わらずベランダにはシジュウカラ、ゴジュウカラ、コガラ、ヤマガラ、リスがヒマワリの種を食べに来る。そこでペット用餌売り場に行ってはヒマワリの種を買う。スーパーの通路を歩きながら犬用缶詰をチラ見して急にこみ上げるものを飲み込む。犬が買えなくなったらインコかメダカと思っていたが、このような二都物語のような生活では移動のたびに鳥かごや金魚鉢を持ち運ぶのもしんどいからと諦めている。ココ以上にはに愛せないと思うからでもある。

昨日は夕食後に山椒塩を作るために葉を電子レンジでチンして、すりこぎで擦った。我が家の山椒の木は雄の木なので実は実らないけれど葉は使える。山椒塩はこれから秋の豆腐料理に重宝するはずだ。それも楽しみ!

42636ccf2f25459d90df6395c70f824e

2020年8月16日 (日)

庭仕事いろいろ No.3

この地での農作業はおおよそ半年の間だけだ。地面の凍土が解ける4月中旬から大根が畑に残っている11月末までだ。真冬はマイナス20から15度になり、いわゆる寒冷地農業ということになる。そのため玉ねぎとか冬の間に育つものは不可です。結局は素人農業なので生産性はあまり無い。でもいつでもジャガイモだけは良く出来る。今年はメークインとキタアカリ1キロずつが15キロになった。

そのために堆肥造りを心がけている。秋に落ちてくる落ち葉を集めて堆肥作り用の袋に入れておき、こちらでの食事の時に出る野菜や残飯のゴミをプラスチック製の生ゴミ処理器2機に入れてヌカなどを混ぜ込む。1ヶ月くらいのサイクルで処理できたものを家の裏にある堆肥作り用のバケツに入れる。その上から枯れ葉や草むしりした葉をサンドイッチ状に入れる。時々ひっくり返して混ぜ込み原型をとどまらないまでにして秋遅くや春の畑に鋤きこむ。

このところその堆肥作りの地面に埋め込んだバケツに穴熊が入り込み分解途中の生ゴミを食べることが続いていた。蓋を外して上から入り脇の地面から穴を掘って潜り込むこともあった。ところが7月末の大雨の後から生ゴミが漁られていない。2週前に動物禁忌剤をその周りに撒いたこともあるかもしれない。大雨で穴熊の巣が雨でやられて、死んだのか? それは分からない。でもそう思っている途端にまた穴を掘られるかもしれない? 自然界の生き物はお利口だから。

長いことここで暮らすと生ゴミも溜まり頻繁に処理機能の向上に努めねばならない。

あともう一つは珈琲カスとバナナと卵の殻をミキサー(古くて捨てようと思った)で細かく混ぜて貯めてから畑に撒くという肥料がある。YouTubeで見たのであるが、これは気軽に毎日作ることができる。それで何かの野菜がどう上手く出来るかという証明もできないけれど、化学薬品の肥料よりは地力が回復するのではないかと思っている。

地道で臭い作業ではある。


8c11bebb5a87415dbd5d8dff19170541187b07408a194938a22230a8180a8545D94e976b6b4b45dda1d02206ecbadcc7Bf1c1a611b094b3080692baed4dad0ea

2020年8月12日 (水)

庭仕事いろいろ No.2

関東地方がほとんどで気温が35度以上になっているらしい。朝の高原の涼しい風を受けてぼんやりと庭を見ているとリスが横枝に寝転んでいる。尻尾も平行に枝にのせている。私には涼しいけれど毛に覆われているリスには暑いのかしら。

コロナでステイホームになっている時期に、YouTubeを見始めてその中に「ブリックタイルを作り、手作りの花壇を作る」「セメントで手作りのブリックタイル」などの記事を更新している「イシスのバラの庭」をお気に入りに入れました。今から5ヶ月前ではあるので春まだ浅い時期に向けての記事です。

それを今こちらに来てずっと作っている。まずはレンガサイズの薄いブリックタイルを作る。プラスチック段ボール、略してプラダンで型を作り(それは梅雨の時に作った)、インスタントセメントを入れて乾いてから型から出す。それをやっと今日できた。10キロセメント2袋半でそのブリックタイルを80枚ほど作った。まだ全体像が出来ていないが今、庭の境界に使っている枕木風の材木よりは明るい印象になるのではと考えています。

今日は午後3時から雷雨が激しくなった。天気予報は当たっていた。そこで工作仕事はお終いです。

我が山小屋の床はココがいたので足が滑るといけないので水拭きだけでしたが、もう居なくなったのでワックスがけをしました。雷の中夢中でワックスがけです。とても綺麗になりました。

そこで晴耕雨読 転じて無理やり晴工雨掃?

 

32817835a8404bbd885cc8caa6a5473d9b040108e85e4ecdaa6d899e8431e9fd

2020年8月 9日 (日)

庭仕事いろいろ No.1


梅雨は明けて続けて4日ほどは午後になると豪雨&雷になっていた。その後は4日は晴れて暑い。やることがたくさんなので予定表を作ってこなしている。結構そういう片付け方も好きだ。八ヶ岳グレイスホテルの寄せ植えや畑の整理、花苗買い、敷地を廻って庭仕事の手順を組んでいる。その中で畑の整理は草むしりと長雨で病気になったトマトの苗を引き抜いたりもある。本来ならば2ヶ月先位のものです。今実の着いているトマトの苗を破棄するというのは後ろ向きなお仕事です。トマトの枝に菌が侵入して青枯れ病になり、この苗は完全に取り除き始末しないといけない。その生えていた土も天地返しをして消毒しなければならないらしい。青い実を処分しながら、本当だったらテーブルの上に赤いトマトが山盛りになるのにと溜息!

ケールという野菜が売られているがそれを自分のうちでも作りたいと種を購入した。プランターで芽を出してから定植すると書いてあったので、雨ばかりだったけどプランターに撒いておいた。梅雨が明けて畑仕事をしているとケールのクシャッとした葉が小さく出ている。それをスプーンで掬って畑の畝に植えた。上手くいくかはわからないけれど挑戦することに意義がある!

 

悪いことばかりじゃ無い。今年は殊の外、蝶が沢山いる。我が家の敷地には7月になると赤いモナルダが咲き始める。するとクロアゲハが何匹も飛んでくる。今年はアサギマダラが少し少ないようだ。でも8月に入って2匹がヒヨドリジョウゴに来ていた。他には茶色のタテハチョウ、ヤマキチョウ、スジボソヤマキチョウ、モンシロチョウがまるで群れをなすように来ている。3年前に植えたブッドレアも大きくなって薄紫の花が咲き始めている。

私は以前ブログでグルっと見回して3匹の蝶がいたら幸せと言ったが、30匹もいたらなんて言ったら良いのだろう。舞うほどの幸せ? 目が廻る幸せ?言葉が探せません!

Fe3c23f6f7224ac8a76159504c3052e85b0c998367c7417abeca94d1159e3983Aa0387ebf26142b3a6c4deb923555503

2020年7月24日 (金)

リスのお昼寝

今朝はベランダに子リスが来て、ヒマワリの種を食べていた。それから1時間今度は親リスが我が家の目の前のヤマナシの木の枝の付け根にいる。遅めの朝食を食べながら観察する。

初めは動いていたがだんだんと動かなくなった。いつもこうして私たち人間や子リスを見張っているのかしら? ヤマナシの隣の樅の木に登っているのは見たことがある。そろそろ木が繁ってきたので樹木の伐採を考えているのだけれどこの木はそのままにしておこうかしら?

実況中継! 1時間が経ちました。リス寝返りを打ちました! 目を覚ましたようです。

小雨が降っていますが、今日は長坂に買い物に行く予定です。このリスの記事はTwitter、Facebook、ブログに書きました。見てくださる方が重複していたら、しつこいと思われるかもしれませんが、それのみを見てくださる方のために記してます。

実況中継!あれから15分、リスは目覚めて下の木に移りモニヨモニヨ!上に駆け上り、またもう一つ上の枝でお休み。動きが機敏になっています。中継途中ですが所用発生の為終了します。顚末はコメント欄に!


914a323088df4c1aa44c30f8fb216cc8

2020年7月23日 (木)

川上村も毎日雨ばかり

川上村は今日は雨です。昨日は予報に反して晴れでした。確か722日位には梅雨明けと聞いていて22日の夜には8発ほどの雷もなりました。雷三日、雷がなると梅雨が明ける。先人たちに教わったことです。ところが天気予報はまだずっと雨マークです。

昨日は晴れたので、懸案のセメントを使った工作を実行に移しました。午後2時になったら村の歯医者に行くので、晴れ間を見ての仕事です。6月末からプラダンでレンガのケースを作り、インスタントセメントを練り入れて薄いレンガ状のものを50枚ほど作っておきました。そのレンガを70センチ✖️40センチの厚さのセメントを敷いた上に載せていき、それを4枚で囲み大きな地植えの鉢を作る予定です。インスタントセメントは20キロになるとかなりの重さで、小分けにしながら練ります。私がその工作をしている時にご近所のKさんが来られましたが、固まってしまうので急がねばならず、初めての大仕事なのと歯医者に行く事を考慮して、上の空でお話をしてしまいました。Kさんは「セメントは男の仕事ですよ。」と仰いました。確かにこんな事をしてまた腕を痛めて整形外科に行ったら先生に叱られる。それでもやりたいことはやりたい!かなりいい加減な作業でしたが夕方見るとセメントは固まっていた。多分これは鉢にはしないで畑の仕切りにしようと思います。大した作品にはならないかもしれないが、半分では自己満足なのです。

それをどこに置くかと考えると白色なので、畑の作物と花との境に置くといい感じじゃないかと想像しています。ダリアやブッドレアが咲いているところと大根や二十日大根、ルッコラのタネを巻いたところの境界に置きたいです。まあこれは植物が出揃わない冬から春の仕事なのですが、ステイホームの時にYouTubeで知ったので時期がずれています。でも計画は即実行したいのです。今のところ雨こそが敵!

2020年7月10日 (金)

リスが来ない

山小屋では56月とずっとリスが来ていたのだけど、7月に入って来てみると朝夕いたリスが全く来ない。原因として考えられるのは3つある。①このところの豪雨で流されたか。②村が清掃してくれた雨水枡の清掃でリスの隠れ場が無くなったか、③近所のT川邸での餌がリッチなクルミやピーナッツが魅力的だから豊田邸までは行かない。などのことが考えられる。そのような考えを巡らして私は庭作りの作業(インスタントセメント)をしていたのだが、とりあえずT川邸にリスが来ているかどうか先程お出かけのTさんにお会いしたので聞くと、なんとリスは来ているという! 小さな子供を連れて来ているという。リスは美味なる餌に心変わりしたのか。

トンちゃんはリスは梅雨時に7匹も子供を産むと聞いたと。そういえば我が家に来ていた時にめちゃくちゃヒマワリの種を食べていたのは妊娠していたからか。全てが謎だけど想像は大きく膨らましても悪くない。

ところで我が家の庭にも大きな白樺の木の根元に柏の葉が出てくる時がある。いつもそれはリスが忘れた柏のどんぐりなのではないかと想像していた。リスは健忘症の傾向があるのではないかと。そうすると我が家に来ないのはその健忘症のせいではないか。忘れてしまったのか!以前ブログに書いたが百舌銀行のハヤニエ債とリス信託銀行のドングリ国債がある。

雨が止んだのでまたヒマワリの種を餌入れに入れておいた。ココちゃんの代わりに来て欲しい。

ところで一昨日にアリに噛まれた。堆肥を作ろうと草の山を一輪車に積んでいた時だった。手の付け根が噛まれた途端ものすごく痛く。家の駆け戻り救急具の毒吸い取りで毒を出し、キンカン、ムヒアルファS、エフカイTなどで2日経ったがまだ痒い。村に用事があったので今度はムヒアルファEXを買いいま付け始めている。まだ熱を持ち厚みがある。これで治って欲しい。

2020年5月30日 (土)

山椒で遊ぶ

3日前に給湯器の灯油を入れに行った時に山椒の木がとても大きくなっている事に気付きました。それと山椒の佃煮も食べたいので木を切ることにしました。前から山椒の木でスリコギを作りたいと計画していたので、それにそってノコギリを入れました。太さは4センチ程です。柔らかい木のようですぐに切れました。植木バサミで葉を取り、太い木をスリコギ風にしました。3本できました。佃煮も美味しくでき、ご飯がすすみます。スリコギは先を丸く整えるのは大変なので、胡麻や山芋を擦りながら丸くしようかと思っています。

A59641dcc8f949d48bba6228e28e38b88a7b834f164b488a9409a08e05fda85c

«森の中で今日も

最近のトラックバック