« 小諸懐古園の紅葉 | トップページ | 心焦がるる川上村 »

2014年12月11日 (木)

山小屋の庭のささやかなクリスマス

Momi
この地では12月の初めに雪が降り、地面には薄く雪が残っていた。だが暖かい日が続き雪はほんの少し残っているほどだ。鳥たちは私が雨戸をあけると飛んできて餌をねだる。私はヒマワリの種をベランダの柵の上に置いてあげる。するとどこで見ていたのかコガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ,ヤマガラが順番に飛んでくる。

今回、ツイッターのつながりからスコットランドの海沿いの町に住んでいるという、binbirdさんが教えてくれたピーナッツをリースにすることを試してみた。ところがいつまで待っても鳥たちが突っつかないので、私はベランダの床に置いてみた。

すると初めにコガラの小柄な子供っぽい子が来た。なんだか駄洒落みたいだけど。

うまくは食べられないけど突っついて行った。そのあとヒマワリが少なくなり、ついにピーナッツに取り掛かり始めた。でもそれはコガラ以外の鳥たちだった。Momi2_2

コガラはいつでも新しいことをする。私が手のひらからエサをやろうとしたときに飛んできた。コガラを勇気がある。観察をしていると後半はヤマガラがピーナッツにしがみ付いていた。体型的に言っても、カラ類の中ではマッチョだ。人相も良くない。ゴジュウカラよりは人柄がいいと思うけど。鳥柄かな?

今、ブログをまとめる仕事と,実際にモノを作るガーデニングと、工作によるミニ小屋作りをしているので、忙しい。でも、うれしくてしょうがないことだらけなので快調です。

« 小諸懐古園の紅葉 | トップページ | 心焦がるる川上村 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コガラの生態観察、楽しく拝見しました。ゴジューカラは目のフチ取りが歌舞伎役者の様で、結構気が強い!シジューカラの「ツイピー・ツイピー」となく鳴き声は、葉を落とした林に響き渡り、寂しですね。ただ、我が財布の中身ような「鳥の名前(しじゅー空)」が気に掛かります。川上の山に自生しているモミの木に飾ったクリスマス飾りは素敵でしょう。異常な寒さです。どうか風邪をひかれません様に・・・。

トンちゃんさん
コメントが遅くなり失礼しました。
iPadがなぜかここに入れず、パソコンが新しいので川上から戻って出していなかったので遅くなりました。この間、調子が悪いので、いろいろいじった時に、何か操作を間違えたようです。ダイナブックで苦戦中です。
トンちゃんのお財布がシジュウカラなら私のお腹もシジュウカラ。そこでなかなかダイエットできません。(笑)
鳥たちが鳴く、早く春にならないかと思ってしまいます。
まあ冬来たりなば春遠からじと行きますか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋の庭のささやかなクリスマス:

« 小諸懐古園の紅葉 | トップページ | 心焦がるる川上村 »

最近のトラックバック