« 台風7号の優しい爪痕 | トップページ | 秋まっしぐら! »

2016年9月13日 (火)

山小屋での生ゴミ問題一歩前進

我が家の山小屋での生ゴミの処理は地面に穴を開けてコンポストを設置した方法を長い事続けてきました。2基あるコンポストの内の1基が燐家から丸見えなので、最近ガーデニングを始めたご主人がバラの花や藤を植えて庭を美しくし始めているのでそのコンポストを移動する事にしました。あちらから反対側の家の裏にもう1基を移動しました。それは結構大変な作業で、バケツで15回ぐらい土を掘り、低地の庭の部分に移動しました。そのようにしてコンポストを埋め、生ゴミを処理しますが、あくる日には必ず脇に大きな穴が開けられて周りは土だらけになっているのです。それは穴熊の仕業です。多分別荘地内をテリトリーにしている親子のようです。大きな穴を開けて埋めてもまた掘り返される事にウンザリしました。




そこで寒冷地、しかも不定期に来てゴミが出ることを解決することに焦点を当ててゴミ処理を考えました。ネットで調べると家庭用生ゴミ減量乾燥機(パリパリキューブライト)という新しい製品が出ていました。生ゴミを乾燥させて可燃ゴミの中に新聞で包んで出す事も出来るようです。私は畑で野菜の栽培やガーデニングもしているのでこの処理物は肥料に変身させたいと考えています。そこでもう一段階、肥料に近づくために生ゴミ発酵堆肥化容器(EMエコペール)を準備しました。
乾燥機の方は魚などの臭いは消えないので発酵容器に処理物を入れて、外に出すと穴熊が反応していたずらされそうです。まだまだ使い方の工夫が必要のようです。まだ使い始めてわずかしか経っていないので、どのようになるかはわかりませんが、とりあえず穴熊の穴掘られストレスは無くなりました。


« 台風7号の優しい爪痕 | トップページ | 秋まっしぐら! »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/64198640

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋での生ゴミ問題一歩前進:

« 台風7号の優しい爪痕 | トップページ | 秋まっしぐら! »

最近のトラックバック