« 秋まっしぐら! | トップページ | 干し柿@2016 »

2016年10月22日 (土)

紅葉情報とバラクライングリッシュガーデンでの講義

Photo_2
蓼科バラクラの寄せ植え教室に数日前に行って来ました。蓼科までの山道には処処に紅葉スポットが点在し眼を楽しませ心を満たし講義を受けて川上に戻って来ました。

諏訪南インターの出口付近が予想どうり美しく色づいていました。螺旋状の道を運転するために樹種は分からない。さて川上はと言えば家の近所にも紅葉スポットがあり、管理棟の近くにはナナカマドが赤く色づき、ズミの実も黄色と赤に実っています。ナナカマドに似ているハゼの木もあります。初期の頃、我が家の庭に山から取ってきて植えたモミジも大きくなりこの時季は一瞬黄色く色づきます。けれど直ぐに茶色くなり悲しい程にちりぢりになってしまいます。今がチャンスの撮影ドキかもしれません。
今回バラクラでは「ダリアについて」と「ガーデンデザインの考え方について」の講義、「球根を使ったダブルデッキ」(ダブルデッキとは球根を植木鉢に二段にして植え込む)その実技について学びました。ダリアはケイ山田がその美しさに気づき命名した秋田のダリア、「BISES」その発見の経緯について聞き、我が家の庭に咲くダリアがそのような経緯で出会えたと思うと、鳥肌ものでした。ポンポンショコラも同じです。
Photo_3

またランチの時間には山田校長からの英国の食事についてのお話しがありました。英国のカボチャはパンプキンではなくスコッシュという事や1809年代に出来た青林檎をその権利を得た人の名前からブラムリーと名付けた事やそれを日本では小布施でしか作っていない事やアップルパイに付けるクリームはダブルクリームと呼ぶとかetc、たくさんのイギリスの食習慣や名称についてのお話しが淀みなくあり、keicocoの胃も脳もホークやスプンを持つ手も神経集中して聴き入りました。しかもその話を聞きながら受け答えする生徒さんたちがなまじの知識ではないのでまた面白い! 話題が次々に広がり、楽しく、美味しい時間でした。最近私の料理の腕が上がったのはその辺に秘密がありそうです。
ランチのメニューはポテトパイとカボチャのスープ、サラダ、リンゴのパイ風お菓子でした。頗る美味でした。

« 秋まっしぐら! | トップページ | 干し柿@2016 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/64382502

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉情報とバラクライングリッシュガーデンでの講義:

« 秋まっしぐら! | トップページ | 干し柿@2016 »

最近のトラックバック