« 大原治雄「ブラジルの光、家族の風景」を鑑賞 | トップページ | 冬至の夕焼けと鹿の角 »

2016年12月17日 (土)

冬至まで5日@山小屋のユーテイリテイ



昨夜は雪がチラチラ舞う中こちらに来ました。川上村に入っての温度計はマイナス5度でした。あと5日で冬至になる今日この頃、午後4時半には薄暗くなって来るので荷物を運ぶ時間と水道や電源を開けたりストーブを着けるユーテイリテイー関係の時間を考慮して3時半には着かないといけない。自宅を出たのが10時15分だと昼食と食料品の買い物時間とを入れれば中央道はそれなりの時間で走らないといけない。川上村に入ると雪がチラチラして、山小屋近くになると地面も白くなり、この中私一人で全てやることに不安を感じ始めます。頭の中で優先順位をつけてロボットのように行動する。まあ言ってみれば鉄腕アトムの相棒ウランちゃんと言えるでしょうか。可愛すぎ?


①自宅の電源を入れ、②ストーブを2箇所着け、③外の水道の防寒対策の電源4カ所を入れ、④車に戻り夫3つ、私3つ、ココ2つの荷物を入れ、⑤食料品を冷蔵庫に入れ、⑥室内の水道の栓を閉め、⑦車を駐車場に入れ、⑧外の水道の水抜き用の栓を閉め(ここまでやって防寒用の熱源が暖まっているので)、⑨足が不自由な相棒が室内に入れるように救援に向う。
これが何もトラブルが無い場合のことです。室内の排水口が凍っていたりすれば、ドライヤーとホカロンで対応することや、外の水道の栓が凍っていればヤカンのお湯で溶かしたりもする。昨日もこれをしました。全てのことをして昨夜はポークシチュウと片口鰯のおつまみ。友人に頂いた越乃寒梅、それは熱燗。
2人でこの空気が良いんだよね!冷涼かつ頬に鋭く、全て緊張に包まれている。へそ曲がり夫婦の二重奏。
さて夜が明けて、水の出ない水道があった! ギャ!外に出て点検すると1箇所水道の防寒用プラグが入れてなかった。やはり完璧でなかった私。1時間もすると開通。これからは気をつけよう。
時々いつまでこのような生活が出来るだろうと思うことがある。それは出来るまでするということだろう。

写真は白い重い雲に覆われた八ヶ岳と雪が少し降ったベランダ。

« 大原治雄「ブラジルの光、家族の風景」を鑑賞 | トップページ | 冬至の夕焼けと鹿の角 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

頑張れ!ウランちゃん 久しぶりに投稿します。
冬の高登谷高原到着後の様子が、手に取るようで 納得!です。うなずきながら読んでいます。下界も寒いですから、さぞ、お寒い事でしょう。
越乃寒梅(スゴーイ!!)を熱々燗で「グイッ」と・・、体を温めて下さい。
不覚にも風邪を引いてしまい、一日「コンコン」うずくまっています。
体を丸めて・・「まさに老人の姿だ!」と、叱られています。仕方ないよね~あと14日で
また一つ加齢ですから、頭も肌も枯れてきますヨ。伸びるのは白い鼻毛と白の眉毛だけ!
川上の春が待ち遠しい年の暮れです。どうぞお大事に・・。

とんちゃん 、川上は寒いですよ。コメントありがとうございます。
この頃ツイッターとFacebookで、支離滅裂になりかかっていましたが、こうして訪問してくださるとシャキッとします。
何もない高登谷ですが、空気の凛とした感じがホッとします。
春まで4ヶ月ですね〜〜🌷
頑張りましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/64636482

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至まで5日@山小屋のユーテイリテイ:

« 大原治雄「ブラジルの光、家族の風景」を鑑賞 | トップページ | 冬至の夕焼けと鹿の角 »

最近のトラックバック