« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年4月

2017年4月16日 (日)

復活祭の頃に生まれて

NHKのワールドニュース・フランスでは今日4月16日が復活祭(イースター)で、ストラスブールの菓子店ではチョコレートを買う人たちで賑わっていると伝えています。フランス人のチョコレート消費量は一人当たり年間7キログラムだそうです。特にその店ではウサギのチョコレートが売られていた。森の中に隠したペイントされた卵と一緒にするとイメージがわくようだ。イースターの日にちは春分の後の最初の満月の日の次の日曜日と決められている。去年は3月27日であり、一昨年2015年は4月5日、2014年は4月20日になるのです。






ところで昨日は私のお誕生日でした。遥か昔、中学か高校生の頃お誕生日に友人を目黒の家に呼んでお誕生会をした時、私が通っていた教会でのイースターで少し遅れて友人を待たせたことがありました。母がその頃はいつもカツとキャベツを陶雅堂の皿に盛り、ガラスの器にポテトサラダを盛り付けてくれました。フルーツポンチもありました。今もその陶画堂の食器はこの山荘にあって、時々思い出して胸がいっぱいになります。昨日は長野に来ているので、私たちは馴染みのお店パスタ・モリモトで相棒と鹿肉のパスタのランチを食べました。



そして昨日から今日にかけて山荘の庭に植えたチューリップが芽を出したことに気づきました。去年バラクラの教室で球根の植え方を教わりました。穴を開けて肥料を入れ土を少し戻し球根を入れて土をかけるのです。ですが今までここ川上村では球根をネズミに食われたりモグラにいたずらされたり、一度も芽が出て来たことはありませんでした。ところが今度は皆出ているようです。植木鉢にダブルデッキで入れてある球根も3つほど出てきています。しかも芽の葉が太く力強いのです。今まで私のやり方が悪かったのか、球根が良くなかったのか、もちろん今回はバラクライングリッシュガーデンのガーデンセンターで購入したチューリップの球根です。悪い訳がない!



さて昔、友人が来る誕生日の日にちの設定はいつも熟考して決めていました。それは我が家の生垣のマサキが新芽を出している方が美しいからです。4月15日前後で新芽が入れ替わって出てくるので私は友人を呼ぶのにいつにするか心の中で考えていました。でも母にそのことを相談したことはありませんでした。その家は東京オリンピックの年に新築し、その生垣はコンクリートブロックの垣根に変わりました。生垣のマサキの葉の緑が透けて見える美しい庭でした。自分たちの子供部屋がその年に出来たのです。

ちょうど私のお誕生日と復活祭・イースターの日にちが続くのでこの様なことを思い出しました。ところでその時に招待した友人5人のうち2人は鬼籍に入られています。1人は大親友と思っていた水谷寿美子さん、高校3年でアメリカに留学しドイツのシーメンスで働きドイツ人と結婚し47才で亡くなりました。またもう1人は大野幸子さん、10年前くらいに熱中症が流行った年にそれが原因で亡くなり、翌年年賀状が来ないので連絡したところ、彼女の死を知りました。後もう1人は音信不通。
もう1人はやはり大親友、ニックネームはデラ! 私は彼女に元気でいて欲しい。
私は70歳になりました。昨日Facebookでお誕生日のメッセージをたくさんの人にいただきましたがその中のもう1人の大親友からのを紹介します。

誕生日🎂おめでとう。🔔♥️🚘🎀🇬🇧🐾🌷🍅🍏🍒🍓

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

最近のトラックバック