« 2017年の夏の思い出@後半 | トップページ | アプローチの手摺 »

2017年9月17日 (日)

バラクラオータム教室と秋のジャム作り


今回の山での生活はまたしてもJアラートによって起こされた。前回もそうだったが、長野県までがその通報範囲なのだという。北海道の先の襟裳岬の太平洋側に落ちているのになぜ、あのようなオドロオドロシイ警告音がなるのだろう。川上村も村の放送を通じてサイレンが鳴り響いた。東京も神奈川もその範囲なのに警報は無しとは不思議なことですね。

そのような中、私は寄せ植え教室で球根と秋の花のダブルデッキの寄せ植えを習いました。イギリス人講師マイケル・ベリー氏による英語での解説は私の右脳キリキリ舞いで通訳の原嶋先生が命綱でした。実技は今ある花の下にラザニアのように埋め込まれた球根が春になると出てくる寄せ植えです。花の組み合わせと季節の移ろいとが一つの鉢の中に表現できることは素晴らしいと思います。それは自分で予測し計算して植えるのですから、情緒は超えて制作するという男らしい仕事なのかもしれません。女らしさを押し殺して、でもチラッと女の情熱も表現に加味する。今度の芸術展は頑張らねば!



季節は収穫の秋へと移ろっています。バラクラへは諏訪南インターを降りて、ビーナスラインを走ります。その途中に自由農園があり、野菜や果実が売られています。今回はジャム作りの果実を購入する予定だったので朝の早い時間に寄り、ルバーブ、イチゴとプルーンを車に乗せて教室へと向かいました。新しい車、フリードは気のせいか、前のフィールダーより横幅が大きく感じます。前より荷物を載せるのに向いていて車椅子、植木鉢などが工夫次第でたくさん乗せられそうです。フリードの黄緑色は乗るうちに徐々に気に入って来ています。もう車の赤は卒業です。

戻ってからジャム作りに精を出し、その後2日は相棒のための入り口から家までの手摺りを気が狂ったように作りました。それはまた後ほど。

« 2017年の夏の思い出@後半 | トップページ | アプローチの手摺 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/65802226

この記事へのトラックバック一覧です: バラクラオータム教室と秋のジャム作り:

« 2017年の夏の思い出@後半 | トップページ | アプローチの手摺 »

最近のトラックバック