« アプローチの手摺 | トップページ | 八ヶ岳の星空 »

2017年11月 3日 (金)

家族仲良く湯河原旅行


秋の台風が2週続けてやってくると言う先週の土日に娘たち家族と一緒に湯河原まで一泊の旅行をした。我が家では時々娘たちと旅行をする。どうしても会社勤めや学校の都合から土日になるのは仕方がない。だから皆渋滞の記憶が先に思い出される。去年は千葉に行ったがやはり大渋滞で一家族は千葉から東京湾フェリーで帰ったし、一家族は延々と下道を行ったと言うし、私たちは明くる日の予定がなかったのでペンションに泊った。その前は伊豆に一台のレンタカーで7人で行った。その時も大渋滞だった。それからその前は長女家族と館山に行き、その前は次女夫婦と草津に行った。計画は次女が立てる時が多く、幹事さん役で疲れてしまうことが多々ある。適当に最近のテレビのバス旅行のように行き当たりバッタリでできればいいけれど人数が多いとそうはいかない。が今回は台風が加わり、主人の足が悪いので車椅子にもなり次女のお婿さんには車椅子と乗用車の運転もさせてしまい、本当に有難かった。

小田原港に着いて海を見に行ったが目の前で2匹もイカを釣った人がいた。港の近くにはたくさんの魚料理の店があり。「マサカリ担いだ金太郎」じゃなくて三太郎はお魚を美味しく食べさせる工夫がいっぱいで本当に「ギョぎょ魚の三太郎」だった。


湯河原の「一夜城ヨロイヅカファーム」ではモンブラン、一夜城蜜柑テイーも美味しかった。美味しさの中に鎧塚さんが亡くなられた川島なお美さんを愛おしく思う情熱がこのスイートを作っているんだと思った。雨が激しく降っていたのでファームの見学が出来ず残念でした。孫の一週間遅れのお誕生日も出来た。

モア美術館では茶道具展をしていたので暫しの静かな時間を味わった。私の持っているいいお茶碗で茶を点てなくては、と思った。


まんりょうと言う割烹旅館は食事が美味しく、刺身の舟盛りが良かった。温泉の湯で肌に滑らかな感じになり、私はもう一段美人になった。ホホホ! しかし台風の雨と車での生活で歩きもせず体操もせずにいたので身体的、タニタ的にはノーグッド。


明くる日は湯河原の老舗旅館のあるエリアは紅葉の準備をする葉が湯けむりとそぼ降る雨に濡れていた。箱根駅伝ミュージアムに行ったので来年のお正月のテレビ中継はよりリアルに感じる事ができそうだ。帰り道の芦ノ湖スカイラインはいつまで経ってもS字の道が続き、朝の朝食の2膳のご飯がどうも消化しきれずにいて、小さい時に気持ち悪くなった現象が頭をもたげ始めていた。雨もどんどん激しくなっていた。スカイラインをもうすぐ終わりに近づいた時に30センチ太さの木が道路の半分まで折れて転がっていた。それを機に「ウッ?ウッ?」キモチワルイ〜
他の皆んなは蕎麦屋さんに入って行ったが私は目が回っている感じを抑えて車の中で寝ていた。皆が食事を済まし戻ってくる頃には私の不快な症状はいくらか収まっていた。あのスカイラインが晴れていたらこうはならなかったと思う。それに後ろに電動車椅子Whill100キロが載っていたから揺り戻しが大きくなったかもしれない。S字のカーブをツバちゃんが運転してくれたのだけど、一度もホンダの警告は点かなかった。上手で安全な運転だったのだ。皆んなは蕎麦屋の中でどの辺りでママが気分が悪くなったかと噂したそうだ。芳州さんは「きっと倒木のところだ」と指摘してたそうだ。当たり! 阿吽の呼吸だからね!

« アプローチの手摺 | トップページ | 八ヶ岳の星空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/65997574

この記事へのトラックバック一覧です: 家族仲良く湯河原旅行:

« アプローチの手摺 | トップページ | 八ヶ岳の星空 »

最近のトラックバック