« 春彼岸 | トップページ

2018年4月13日 (金)

独活と山椒と女人禁制

最近の注目ワードに女人禁制という言葉がある。その言葉が出る前に、私は杜氏の規則に女人禁制があるのではないかと思い何気なく調べていました。すると杜氏の世界では女性が杜氏になりにくいのは、家事をする女性は糠漬けをするからという理由であると分かった。そして糠には乳酸があり酒の酵母に影響がある。また納豆も杜氏は食べてはいけないと決まっているという。そして酒蔵見学をするときは納豆を朝食に食べてはいけないという。私はそのことが意外だと思った。今まで女性の生理のために忌み嫌われ女人禁制になっているとずっと思っていたからだ。つまり酒造は女人禁制ではなかったのです。確かに女性の杜氏もいる。

そんなある日、舞鶴の相撲巡業で市長が挨拶をしている時に倒れ、救命処置をするために土俵に上った女性に対してアナウンスで土俵から下りるように指示がありました。その後女人禁制論が沸騰している。市長が一命をとりとめたから良かったが、相撲界ではモンゴル力士の暴力沙汰に始まり落ち着く間も無く次から次へと事件が起きている。今度は女人禁制です。女人禁制は他にも日本古来の伝統的世界にありそうだけど、どうだろうか。

伊勢神宮に行ったけれど、娘と2人で神宮の奥の方も見学ができた。清子様も祭主になっている。神道は本来天照大神が女性だから女人禁制ではない。相撲界だけではないだろうか。また今度はちびっこ相撲の女の子が急に参加が禁止になったと言うニュースが静岡で起きている。千葉に住んでいる孫の七五三の時に子供相撲を見る機会があったが可愛い女の子が相撲をしていた。古い体質はその自治体にもよるのかもしれない。古い体質で女性を差別視しているスポーツは他にもありそうですが。

私は相撲のニュースを見る度に「ボーッとしている関取」の表情を見ていると「大男総身に知恵が回りかね」という諺が思い浮かぶ。「土俵に入らないで下さい」と言った相撲界の御仁が大男かどうかは分からないがその責任者たちはおそらく総身に知恵が回り兼ねている大男に違いない。「人命救助もしないで、女を排除して総身に知恵が回らない大男じゃないのさ」と言いたくなる。因みに「大男総身に知恵が回りかね」を辞書で調べると同義語には「独活・ウドの大木」がある。また反義語には「山椒は小粒でピリリと辛い」がある。



なんとこの独活も山椒もこの山小屋の敷地に春になると芽吹き、地面からニョキニョキと顔を出す。まだこの春は独活も山椒も出てきていないが、最近独活と海老で美味しいパスタを作りそれにはまっている。作る度、食べる度にに独活、大男、女人禁制、山椒と考えが巡るのはグルメにはマイナスの思考だ。
もうすぐ独活も山椒もこの山小屋の周りに湧き出てくる。味も天然、自然の力強い味だ。こんな料理を食べていたら私だって太って力持ちになってしまいそうだ。体操教室で筋肉をつけることが贅肉がつき力士街道まっしぐらになって女人禁制論に風穴をあけるかも? はあり得ない!もうエイプリルフールは終わったからね。

« 春彼岸 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/66607203

この記事へのトラックバック一覧です: 独活と山椒と女人禁制:

« 春彼岸 | トップページ

最近のトラックバック