« 家庭菜園の小さな工夫 | トップページ

2018年6月24日 (日)

フラワーショーの作品作りの日々



あとりえチビッコの方に書いたようにここ三週間ほどはガーデニングのことに夢中でした。また山小屋の作庭にも心と体を砕き、夢中でした。幸せな夢中!
バラクラの芸術展では全般にいつもより厳しい評価でしたが、私はもうこれで十分でした。チェルシーフラワーショーのジャッジ、キムパリッシュ女史が選んでくださったのですから身に余る光栄です。キムさんの講義の中身はあとりえチビッコの方に詳細に記しましたが、寄植えの作品を40分で7つ作っていくのは凄いの一言でした。しかも出来上がった作品を良い位置に置くのにさっさと自分で運んでいく姿はいわゆる男前と言うのでしょうか?かっこよかった!

天気が良い時のバラクラのお庭は最高です。そして寄植えの実技の時間に私の作った作品がキャンディー賞に選ばれました。先生は最初から植物の選び方も良いと言ってくださっていたので、私は期待に胸膨らんでいました。たしかに素晴らしい作品が選ばれて行きます。しかし私は年相応に控えめに、うつむき加減で、伏し目がちに微笑みを隠しつつおりました。そして最後にヤンチャにキム先生は私の作品を指差してくださいました。私はリュックサックを背負いながら小躍りしてしまいました。異常な光景かもしれませんが私の素(す)の表情ではあります。いや優しいキム・パリッシュ先生ですからフランスのリセの聴講生ぐらいに受け止めて下さったと思います。(^_-)



私の今回の寄植えの芸術展の作品のインスピレーションは山小屋のイメージにあります。ヨーロッパオークの木を使いました。いずれ川上に植える予定です。黄色いと言うよりはゴールドの葉の色は目に沁みます。そこには紫が合うと考えまたその強さを中和させるために白のギガンチュアを入れました。
もう1つはアーン型に今までにない組み合わせの色を使いたいと頭を切り替えて作っていきました。アーン型の方がゴールド賞をいただき黒鉢がシルバーギルトでした。

相変わらずバラクライングリッシュガーデンのゴールデンアカシアはシンボルツリーとして聳えたち庭の植栽は学ぶことが多くあります。我が川上の標高1400メートルがもう一つ難しい要素ではあります。

« 家庭菜園の小さな工夫 | トップページ

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/66864546

この記事へのトラックバック一覧です: フラワーショーの作品作りの日々:

« 家庭菜園の小さな工夫 | トップページ

最近のトラックバック