« フラワーショーの作品作りの日々 | トップページ | 台風と寄せ植え »

2018年7月24日 (火)

夏の出来事@2018・7

7月中旬の山小屋での仕事はたくさんある。まずジャガイモ、豆類、大根の収穫。庭を自分たち流にカスタマイズすること。常に鹿対策。


今年は梅が大収穫で、何と9キロ採れた。それらを日常生活に組み込んでしていくのは結構大変。
ジャガイモはキタアカリとメークインがそれぞれ9キロ採れた。1キロの種芋から9倍も取れるのはすごい。ネズミの害もほとんどないうちに収穫が出来た。
その後に梅の収穫をした。インデアンの幌馬車隊のようにロープの先に重い金具を付けて高く張り出した枝に高く投げて絡ませて引っ張る。それを猿のように取ってはバケツに放り込む。体重計に乗り、自分の体重を引いていく。しめて9キロ。あと木には2キロは残っていそうだけどもういい。容器を考えて、梅ジュース3キロ、梅酒1キロ、梅干し6キロにした。梅ジュースは炊飯器で2日連続して作る。梅干しはビニール袋に入れて1、2キロに分けて作った。カビなどが出ないことを祈りながら。売っている生梅は実っていた期間がわかっているが、標高1400メートルで花期の時期が違うためインターネットの情報と違うかもしれない。梅干しが出来上がったらラッキーと思いたいですね。

今我が家の庭はモナルダが咲いて、別の場所にはヤマアジサイ、畑にはトマト、モロッコ菜豆、スナップエンドウ、大根、伸び過ぎたルッコラなどです。マリーゴールドの黄色とアナベルの白も目を引きます。工事の後に少しずつ花を足して改良しているのですが、自画自賛ですから、イングリッシュガーデンには程遠い普通の庭です。でも自分1人では出来ない工事をした後のガーデニングなので満足です。
この期間日本中で高温注意報が出ています。横浜にいた時には車での外気温が36度でした。ここ川上では28度と26度の間を上下しています。朝は20度ほどで、今朝はやや高くて23度でした。横浜や東京に比べ、別天地とも言えます。ここから15分ほど離れた清里は標高1000メートルですが、温度は測りませんでしたが、暑かったです。地元の方達は今まで涼しく、クーラーも無い生活だったので困っていました。冬は寒すぎなのですがね。
あと、車が通る鹿柵の部分をカーテン式にしました。車の高さギリギリですが何とか通れました。苦労しながら自分で工夫して作って行くのが好きです。しかし1日経ったら車の屋根を擦るようで取り外して走行となりました。

野辺山グレイスホテルの寄せ植えはこの暑さで、弱っているのではと、植物を足しました。また前回のコンペ作品も手を加えて飾りました。グレイスホテル河本社長よりお礼にと沢山の野菜をいただきました。整体をしていただいている菊池喜美子先生とのご縁あってのことです。

寄せ植えは我が山小屋の庭でも楽しめますが、たくさんの方がいらっしゃるホテルの玄関でお出迎えをする方が価値があるような気がします。


« フラワーショーの作品作りの日々 | トップページ | 台風と寄せ植え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/66981855

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の出来事@2018・7:

« フラワーショーの作品作りの日々 | トップページ | 台風と寄せ植え »

最近のトラックバック