« 線状降水帯に対応する | トップページ | 虫採りの日々@フォーエバー »

2019年8月29日 (木)

フィールドワーク@蓼科御泉水

8月最後の日曜日、バラクライングリッシュガーデンのでの講義の日です。

午前中は蓼科高原の御泉水自然園までドライブし御泉水の湿原の自然観察をしました。カラマツやシャクナゲ、サルオガセの付着した木々、清流の冷たさを見ながら山頂で参加者の記念撮影そしてまたビジターセンターに戻りランチを食べ、午後からは山田祐人校長のガーデンツーリズムの講義です。Kewガーデン、ナショナルトラスト、RHS(王立園芸協会)についての説明は分かりやすく、ビデオ画面の「庭の光景は行った気がする気分」でした。

バラクライングリッシュガーデンが来年30周年になること、ケイ山田先生がチェルシーフラワーで日本人として唯一のシルバーの賞を取られたこと、バラクラの庭がジョンブルックス氏による作庭であるという三項目の理由で「パートナーズガーデン」に選ばれたそうです。おめでとうございます!  🇬🇧🇯🇵

イギリスのウイズレー、ハンプトン、タトンパーク、ハイドヘイル、ローズムアーなどの庭園と肩を並べるという意味になります。私たち生徒も誇らしい気持ちです。私はイギリスには行っていませんので全て校長の講義の受け売りではあります。イギリスの空港で乗り継ぎをしたことはありますが。

その後の寄せ植えのデモンストレーションは観葉植物のインドアコンテナで、実技は植物を選び寄せ植えをして私は急ぎ相棒の居る八ヶ岳東麓に戻りました。

今、横浜の我が家の玄関にはアンスリュームの白い花が涼しげに咲いています。アンスリュームは空気を浄化するそうで、この花の寄せ植えは結婚のお祝いに向いているそうです。

« 線状降水帯に対応する | トップページ | 虫採りの日々@フォーエバー »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近のトラックバック