« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月16日 (日)

庭仕事いろいろ No.3

この地での農作業はおおよそ半年の間だけだ。地面の凍土が解ける4月中旬から大根が畑に残っている11月末までだ。真冬はマイナス20から15度になり、いわゆる寒冷地農業ということになる。そのため玉ねぎとか冬の間に育つものは不可です。結局は素人農業なので生産性はあまり無い。でもいつでもジャガイモだけは良く出来る。今年はメークインとキタアカリ1キロずつが15キロになった。

そのために堆肥造りを心がけている。秋に落ちてくる落ち葉を集めて堆肥作り用の袋に入れておき、こちらでの食事の時に出る野菜や残飯のゴミをプラスチック製の生ゴミ処理器2機に入れてヌカなどを混ぜ込む。1ヶ月くらいのサイクルで処理できたものを家の裏にある堆肥作り用のバケツに入れる。その上から枯れ葉や草むしりした葉をサンドイッチ状に入れる。時々ひっくり返して混ぜ込み原型をとどまらないまでにして秋遅くや春の畑に鋤きこむ。

このところその堆肥作りの地面に埋め込んだバケツに穴熊が入り込み分解途中の生ゴミを食べることが続いていた。蓋を外して上から入り脇の地面から穴を掘って潜り込むこともあった。ところが7月末の大雨の後から生ゴミが漁られていない。2週前に動物禁忌剤をその周りに撒いたこともあるかもしれない。大雨で穴熊の巣が雨でやられて、死んだのか? それは分からない。でもそう思っている途端にまた穴を掘られるかもしれない? 自然界の生き物はお利口だから。

長いことここで暮らすと生ゴミも溜まり頻繁に処理機能の向上に努めねばならない。

あともう一つは珈琲カスとバナナと卵の殻をミキサー(古くて捨てようと思った)で細かく混ぜて貯めてから畑に撒くという肥料がある。YouTubeで見たのであるが、これは気軽に毎日作ることができる。それで何かの野菜がどう上手く出来るかという証明もできないけれど、化学薬品の肥料よりは地力が回復するのではないかと思っている。

地道で臭い作業ではある。


8c11bebb5a87415dbd5d8dff19170541187b07408a194938a22230a8180a8545D94e976b6b4b45dda1d02206ecbadcc7Bf1c1a611b094b3080692baed4dad0ea

2020年8月12日 (水)

庭仕事いろいろ No.2

関東地方がほとんどで気温が35度以上になっているらしい。朝の高原の涼しい風を受けてぼんやりと庭を見ているとリスが横枝に寝転んでいる。尻尾も平行に枝にのせている。私には涼しいけれど毛に覆われているリスには暑いのかしら。

コロナでステイホームになっている時期に、YouTubeを見始めてその中に「ブリックタイルを作り、手作りの花壇を作る」「セメントで手作りのブリックタイル」などの記事を更新している「イシスのバラの庭」をお気に入りに入れました。今から5ヶ月前ではあるので春まだ浅い時期に向けての記事です。

それを今こちらに来てずっと作っている。まずはレンガサイズの薄いブリックタイルを作る。プラスチック段ボール、略してプラダンで型を作り(それは梅雨の時に作った)、インスタントセメントを入れて乾いてから型から出す。それをやっと今日できた。10キロセメント2袋半でそのブリックタイルを80枚ほど作った。まだ全体像が出来ていないが今、庭の境界に使っている枕木風の材木よりは明るい印象になるのではと考えています。

今日は午後3時から雷雨が激しくなった。天気予報は当たっていた。そこで工作仕事はお終いです。

我が山小屋の床はココがいたので足が滑るといけないので水拭きだけでしたが、もう居なくなったのでワックスがけをしました。雷の中夢中でワックスがけです。とても綺麗になりました。

そこで晴耕雨読 転じて無理やり晴工雨掃?

 

32817835a8404bbd885cc8caa6a5473d9b040108e85e4ecdaa6d899e8431e9fd

2020年8月 9日 (日)

庭仕事いろいろ No.1


梅雨は明けて続けて4日ほどは午後になると豪雨&雷になっていた。その後は4日は晴れて暑い。やることがたくさんなので予定表を作ってこなしている。結構そういう片付け方も好きだ。八ヶ岳グレイスホテルの寄せ植えや畑の整理、花苗買い、敷地を廻って庭仕事の手順を組んでいる。その中で畑の整理は草むしりと長雨で病気になったトマトの苗を引き抜いたりもある。本来ならば2ヶ月先位のものです。今実の着いているトマトの苗を破棄するというのは後ろ向きなお仕事です。トマトの枝に菌が侵入して青枯れ病になり、この苗は完全に取り除き始末しないといけない。その生えていた土も天地返しをして消毒しなければならないらしい。青い実を処分しながら、本当だったらテーブルの上に赤いトマトが山盛りになるのにと溜息!

ケールという野菜が売られているがそれを自分のうちでも作りたいと種を購入した。プランターで芽を出してから定植すると書いてあったので、雨ばかりだったけどプランターに撒いておいた。梅雨が明けて畑仕事をしているとケールのクシャッとした葉が小さく出ている。それをスプーンで掬って畑の畝に植えた。上手くいくかはわからないけれど挑戦することに意義がある!

 

悪いことばかりじゃ無い。今年は殊の外、蝶が沢山いる。我が家の敷地には7月になると赤いモナルダが咲き始める。するとクロアゲハが何匹も飛んでくる。今年はアサギマダラが少し少ないようだ。でも8月に入って2匹がヒヨドリジョウゴに来ていた。他には茶色のタテハチョウ、ヤマキチョウ、スジボソヤマキチョウ、モンシロチョウがまるで群れをなすように来ている。3年前に植えたブッドレアも大きくなって薄紫の花が咲き始めている。

私は以前ブログでグルっと見回して3匹の蝶がいたら幸せと言ったが、30匹もいたらなんて言ったら良いのだろう。舞うほどの幸せ? 目が廻る幸せ?言葉が探せません!

Fe3c23f6f7224ac8a76159504c3052e85b0c998367c7417abeca94d1159e3983Aa0387ebf26142b3a6c4deb923555503

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

最近のトラックバック