書籍・雑誌

2017年2月19日 (日)

しろいうさぎのイヤリング



今日は壊れていて修理が必要だったイヤリング三点を直し、テーブルフォトで遊んでみました。
イヤリングはファッションの一部として私には重要な位置を占めていますが、無くした物もたくさん有ります。無くして探し見つけたものも有ります。一番の武勇伝はお正月の雪が降った日に真珠を銀で巻いてあるイヤリングを落とした時です。夜になって気づき雪の中で探し見つけた感動は忘れがたいものです。


最近無くしたのは寒さでマフラーとマスクを取る時に落としたものです。また川上村に長女がきた時に「素敵ね!」と言って即座にプレゼントされたものを耳に着けて森の中を散歩した時に落としたことも悔しいことです。山小屋にはその片割れがいつもピカピカ光っています。この頃は落とした方のイヤリングは白いウサギが長い耳に着けているのではと思い始めています。写真は私の好きな絵本「しろいうさぎとくろいうさぎ」福音館書店
今とても川上村に行きたいのですが、寒さが厳しく、三年前の大雪の恐怖がトラウマになっている私です。

2015年4月25日 (土)

春が来ている

下の畑にいます。(*^◯^*)

2014年3月29日 (土)

大雪のトラウマと「文明崩壊」

Hana1_2

2月の大雪がトラウマになって川上に行くのが怖いのです。いや、トラウマではなくて4月のウマシカかもしれない。山小屋の周りを駆け回っている夢を見たい。
本を断捨離して、その祟りなのか、単純な反動なのか、最近の本漁りは尋常ではない。でも、「文明崩壊」下巻があと4分の1になった。同時進行で《身体にいいこと》や《美味しいもの》のハウツー本がめじろ押しでつい、楽な方へと流れる。

だが読書欲がまだまだ枯渇しないのは嬉しいことなのだろう。文明崩壊はもう10年前に出版されているのだけれど、最近になって私は気がつき読んでいる。今世界で起きていることの説明として納得できることが書かれている。昨年末から延々と読み続けている。世界を俯瞰した眼で見ることができる。山小屋でその感想を書いて見たい。

その後には内田樹の「街場の五輪論」が待っている。

2013年12月27日 (金)

「文明崩壊」と雪

Kawakami_yuki1
昨夜のうちに雪が降り、朝起きたら白樺の木が雪でコーティングされていた。なぜかいつもはロマンチックな白樺が薄汚く見えるのは雪があまりに白いからだ。
私は雪が降った夜に二階に上り、窓を少し開けて雪が降ってくるのを見るのが好きだ。都会では綿菓子のようなふわりとした雪が降るが、こちらではサラサラの結晶がはっきりした雪が降る。黒いセエタアの腕を出して置くと雪の結晶がハッキリと六角形に出てくる。それはほとんど薄くスライスされていて、厚みがない。中にはその角を結ぶ蜘蛛の巣のような放射状の線が欠けているものもあるが、ともかくも何かの法則に従って出来ている。いつもどうしてこんなに規則ばっていて空から大量に落ちてくるのだろうと思う。もしも人間の世界でこうしたものを工場で作るとしたら大変だろうと思う。それと何の音もしない、音がゼロの世界がある。

朝になり急に現実の世界に戻り、今の放射線量はどの位かと測ってみたら、0.10だった。かなり低くなった。今夜お風呂に入った後で雪に牛乳でもかけてかき氷でも作ってみようかな、それとも本格的に卵と牛乳を混ぜて攪拌してアイスクリームを作ってみようかな。
そしてもう一つの現実、給湯器に灯油を入れることが私たちもそろそろ大変になってきたので、村のガソリンスタンドにお願いして来てもらうことにした。ホースの長さが足りるか気がかりだったがギリギリで足りた。階段の下に置いたポリタンクに二つ入れた灯油は私が家に持ち運んだ。昔はか弱くか細かったが、年々歳々強くなった。これは進化と言うよりは環境順応なのだろう。

今ジャレド・ダイヤモンドの「文明崩壊」を読んでいる。これ以前に「セックスはなぜ楽しいか」を読み、今度はこちらを選んだ。「セックスは」の方は学校推薦図書に選ばれたそうで、題名で拒絶してはいけない。まあ題名デ選ぶと思われたくもないが。微妙に難しい本ではある。
少し難しいところもあるから高校生ぐらいからが理解できるかもしれない。

「文明崩壊」は文庫ではあるが、550ページでかなり厚い。副題が「滅亡と存続の命運を分けるもの」帯には「栄華の終わりは急激に訪れる」…マヤ文明、イースター島、北米アナサジ文明などを解析、崩壊の原因が繁栄の中に存在することを指摘した名著。『銃・病原菌・鉄』の著者によるスリリングな文明論!…とある。これで上巻だから道は遠い。
私はおせち料理を作りながら、この本を読むのも2014年に相応しいのかもしれないと思っている。皆さま良いお年を。

2013年3月30日 (土)

≪田園の誘惑≫を書きはじめたとき

             Hpimg_2Hpimg_0001_2 
2013年4月からブログ≪田園の誘惑≫を主に書いていこうと決めましたが、この≪田園の誘惑≫を始めた経緯については詳しく説明しなければならない事があります。

以前も書きましたが、芳州がフリーになり写真出版社や写真関係の方々との連絡などが頻繁になり、コミュニケーションとして、私はバレンタインデーの時にチョコレートを贈りながら、八ヶ岳での生活を綴ったエッセイを書くことを始めていました。その功をどなたかが認めて下さり、2002年春から季刊誌「百万人の写真ライフ」から原稿を依頼されました。その出版社は日本写真企画の石井聖也社長であり、大藤卓夫編集長でした。

私には初めての文章を書く仕事で、編集部の御好意から始めていたのではありますが、紙面を汚しているのではないかと随分心配しながらすすめたものです。その時に自分で≪田園の誘惑≫と名付けたので、ブログ≪あとりえチビッコ≫を始めた時にカテゴリーの一つとしても≪田園の誘惑≫を続けていました。あっという間に8年以上が経ち、今まで編集部にはきちんと連絡していませんので、この機会をきっかけにあの時のお礼を再び申し上げたいと思っています。

ただ今現在山小屋でこの記事を書いています。ちょうど「百万人の写真ライフ」50号があり、スキャンしましたので、ここに載せます。当時、主人の母の面倒を見るという、私には苦手な事にも挑戦しており、八ヶ岳を舞台に原稿を書くというのは晴れがましいくうれしい事で、希望の星でした。文字数を原稿用紙1枚半にするため、書いた内容を削り削っていく作業は、結局自分にとって本当に貴重な文章修業の時間になりました。

最近のトラックバック