自然

2017年6月21日 (水)

キビタキの巣立ち

【キビタキの営巣日記】


5/14 鳥の巣を発見。山小屋の水道の栓を開けに行って気づく。
5/16 キッチンの窓の柵の鳥の巣はまるで何かの動物かカラスに襲われたように見える、乱暴な作り方です。
5/21 鳥が来たのが家の中から判る。外に周り背伸びして見ると 卵1個 発見。色の具合からキビタキと判明。私はと言えば、 鹿の柵を作り直しに奔走し、毎年来るシジュウカラは緑の巣箱で営巣中でした。


5/26 卵2個 になっていた。絶えず温めている

🥚不在期間🐣

6/15 2羽が孵っていた。
6/16 オスとメスが交代し温めている。朝4時に親鳥が来ていた。
6/17
朝5時台
今にも飛び立ちそう 羽繕い 二羽なのか一羽なのか分からなくなる。
時々親鳥が来て餌をあげているが昨日より頻繁ではない。


しきりと二羽のフンを取りどこかに捨てに行く。それをしているのは母鳥だった。
多分体重を軽くして飛びやすくしているのだろう。
朝6時台
2羽巣の中を移動しきり。2羽突き合う。羽をばたつかせ窓ガラスを突く激しい。
朝8時台
しきりと動き回りかなり大きい。ヒナ飛び立ちそう。全く飛び立ちそう。
朝9時台
姿が見えないかに見えたが、寝ていたのだろう。
朝10時台


餌を2羽にあげている。カラスが間近に来て鳴くので、私は二階に駆け上り追い払おうとする。母鳥は枯れたズミの木の梢にいて、私を威嚇する鳴き方をした。そしてシラカバに移る。そのついでに私は写真を撮り見ると巣には1羽の嘴があった。母鳥の警戒音は他のキビタキを集め始めた。全部で4,5羽は居たと思う。大きな親鳥もいたが小さめの鳥もいた。先に巣立ったお兄ちゃんか。想像を巧みにすればお兄ちゃん鳥や従兄弟鳥かもしれない。全員が私を威嚇して居た。カラスが悪いのに!
朝11時台 巣には何かいるようだが動きは緩慢。11時17分考えに考えてスーと飛び立つ。あっけない巣立ちだった。

以前我が家のマンションの裏には椎の木があり、そこにこの同じ時期にキジバトが営巣した。今から30年前のことだ。その時にも日記を付けお絵描きの予定表に書いた。鳥たちは巣立ちが近づくと餌をあげない。今回のキビタキでは飛び立ちの30分前に餌をあげる場面を目撃したがキジバトはやらず親鳥もその日と前日は巣にも居なかった。この場所では都会より過酷な自然なのでそうするのだろうか。またしきりとフンを取って居た。ガラス越しに見て居たが、一円玉の大きさだった。私がもうすぐ巣立ちをすると感じた瞬間があった。写真には撮れなかったが、蚊が飛んで来た時に雛が待ち構えて嘴で食べた。もう自分で餌が取れるから生きていける。
キビタキは母鳥が茶黄色の色で体が父鳥より3割増し位大きい。父鳥は胸が黄色で美しい。今度生まれた子供たちはオスメスどちらなのだろうかは分からなかった。あまり上手ではない巣もキビタキの卵と雛の時代にはフカフカのベッドだったはずだ。今はもう木の枝を寝ぐらにしているのだろうか?
近くで鳴き声がするとあの子たちかと耳をすます私です。巣にはもう一度も戻って来ません。4羽で暮らしているのだろうか。夫婦仲良く子育てしているのだろうか。ところで今は雨が降っているが明日にでも晴れたら、巣を片付けようと思います。

2017年6月 3日 (土)

思いがけない鹿の害

5月26日の日記です

昨夜事件があった。ココの夜泣きに起き、眠れぬ時間を過ごすうち、外で鈍いドンと言う音がした。昼間は寄せ植え教室に行き、その前日には鹿に入られてモッコウバラやアナベル、イチゴが食べられていた。後ろ髪を引かれる思いで教室に行き疲れて寝ていてのドンなので、懐中電灯を窓外にむけた。ヒューン!ヒューン!子鹿の鳴き声!何処かに入り込んでいる。何度か鳴き声が聞こえた。普通は間遠になるのが、何処かに動かずじっとして鳴いている。


朝になって家の回りを見回ると、かなりの鹿害発見。百合、ギボウシ、バラ!
もうがっかり。新しく鹿柵を作り直しているのに反応したのだ。何処かに弱い場所があるのだ。とりあえずワイヤーメッシュを長坂に買いに行く。

裏の窓ガラスにはキビタキの巣が作られている。もう2個の卵を腹の黄色いオスと体が大きく黄色っぽいメスが交代で卵を温めている。



私はその巣を見ながら柵を作る。

怒涛の日々のため、今福島のいわきでこの記事を書いてます。思いは八ヶ岳に!届け!カラス近づくな!

2016年12月21日 (水)

冬至の夕焼けと鹿の角



以前森で拾った鹿の角が整理出来ずあったので彫刻風に木に止めてみました。実は髑髏も有るのだけどまだ作品には仕上がらないので年明けに整理しようと思っています。取り敢えず髑髏の骨の中に詰まっている砂や骨の欠片を取り除いた。


この森に私たちが住むようになったが鹿の害が酷くてフェンスや垣根を作ったけれど、元はと言えば彼らの住処だった訳で、私たちは後からここに来たのだから、このような髑髏や角は大切にしないといけないと思う。


ヒムロスギで作ったハッピーホリデーリース。夕焼けが美しかった。でも今は満天の星空⭐️

2016年5月23日 (月)

最高の季節の中で

Facebookの投稿より
A 昨日5月22日、「八ヶ岳野辺山高原100㎞ウルトラマラソン」を応援に車で出かけました。川上村内でウルトラマラソンの100㎞の第一走者に遭遇。200メートルほど先に行き、車を止めて待ました。第一走者をが来ると分かっていたのに、何も応援できませんでした。半分すごいなあと思い私は無言。あっという間に走って行きました。その地点からフィニッシュ地点に行き、再び待っていると第一走者がゴールした。あとの2位は40分は遅かったようだ。そのあと家に帰る道で後続の人たちが苦しそうに走っている。そこで、すれ違った人たち全員25人ぐらいに「ガンバって!」「ファイト!」「ファイト一発」と運転しながら応援!芳州さんはゴール地点で第一走者が奥さんとハンドトウハンドでタッチした場面を写したと言って興奮していた。去年についで今年もウルトラマラソンで私たちは元気をもらいました。走者に感謝!





B 昨夜は満月だったらしい。ベランダにオオミズアオが来て乱舞。かなり羽が傷んでいた。今庭の草むしりをしていると、ヤマカガシが出てきた、その2時間前にご近所のIさんが庭に来た時にもヤマカガシが出てきたがそれより長い気がする。白い蛾を食べていた。





2016年3月31日 (木)

虫刺され

シジュウカラたちの集団が森の中を飛び交っている。連休前になると我が家の巣箱に巣材を運ぶ姿が見える。今巣箱は去年の巣材がそのままになっているので二カ所の清掃をした。水苔や動物の毛や高冷地の家屋の断熱材が入り混じっている。手で取ると二掴み程であったが、白樺の木にしがみ付きながら取り除いた。
その後とんでも無いことが起きた。右腕のあたりに物凄い痒みがあり、腕まくりするとボツリボツリと喰われていた。腕から首に11カ所と左足首に1カ所がシコリのある喰われ方をしていた。多分ダニではないだろうか。家にある虫刺されの薬とキンカンなどで対処していたが、どうにも痒く気持ちが悪い。そこで村の薬局に行き、別の薬を購入し着けた。本日で10日ほどになったが、ほとんど痒みが取れて治ったようだ。まだ跡があるので腕まくりや半袖にはなりにくい。田園の誘惑の負の面ではある。

因みに薬の名前はムヒアルファEXで、ステロイド成分を含んでいるので長期間の使用はしない方がいいらしいが、痒みで掻き壊して化膿させるよりはずっと良いわけだから、山小屋には必須の薬です。

あれっ、そのことを考え始めたらまた痒くなってきた。

2016年1月16日 (土)

ピーナッツリース

モブログで投稿してます。

ヤマガラの逞しさ

昨日からピーナッツでリースを作り、鳥たちのメニューのヒマワリの種に付け加えてあげました。するとコガラやゴジュウカラはヒマワリに、ヤマガラはピーナッツを食べるようになりました。8時から10時位までピーナッツにしがみつく姿がありましたが、今は来ていません。でも、私が窓近くに行くと飛んでくるかも知れません。

2015年12月24日 (木)

クリスマスイブの今日


川上は暖かい日が続いているようです。湖の氷は少しだけ凍っていました。村の小学校の校庭のアイススケートリンクはいつもだと凍るのに凍らなくて困ったと、我が家の贔屓にしている新海大工さんが言ってました。この地で温暖化は雪を意味するので、去年の大雪に懲りて、いざとなったらすぐ帰れるようにという覚悟で来ています。
雨は降りそうになく寒くはないため、ホワイトクリスマスにはなりそうもありません。
今日は二つ面白いことがありました。家の二階に用があって行きますと壁に木の節の穴が空いてました。そこで一昨年の蜂の出入りを思い出したのでもう一つ穴を開けて懐中電灯で覗いてみました。すると天井裏に25センチほどのスズメバチの巣を見つけました。もう一つは昔子供たちとよく行った水が湧き出るところに行くと青々とクレソンが生えていました。今夜のデイナーの付け合わせに採ってきました。
もう葉の落ちたシラカバの枝に、ヤドリギはないかと目を凝らしますが残念ながら無いようです。Image


2015年9月18日 (金)

秋の森の楽しみ

Bansan_2秋の山小屋での楽しみは最近の出来事から4つほどあることに気が付きました。ところが忙しさに取り紛れここずいぶん更新をさぼっていました。心を入れ替えてブログを書きたいと思うとかえってプレッシャーになって、書けません。

バルコニーでの夕食は晩餐といってもいいほど、私の極上の楽しみなのです。 ベランダではなくバルコニーで晩餐をいただくと言うのは少し高慢な物言いでしょうか! 空気の美味しさ、森の静けさは食事のメニューが何であろうと美味しくさせてしまう、これは晩餐なのです。新月の暗闇も星月夜の明るさも晩餐を演出する。夏の蛾が乱舞しない静けさもなかなか良いものです。 ある日はパエリヤを、またある日はすき焼きを、またある日はさんまの塩焼きを作りました。その時、カセットのコンロのボンベのガスが無くなっていたのに気づかず、シマッタと、急きょ炭を使っての七輪での火起こしです。チャッカマンを使ってスムースに火起こしが出来ました。暖かい炭の温もりと火の赤を感じながらの食物は晩餐の演出に最高です。
Sakutei1Sakutei2Sakutei3_2
作庭の計画を練ることも秋の森の楽しみです、木や石や砂利を探し、調達して実現へ導くことも楽しい。今年は毛虫が少なかったのはとても平和でした。
今回は外の通りから家までのエントランスの階段を直し始めた。土が削れて木の根が表出してしまい危なく、また最近足元が危なくなってきた相棒のために、頑張って直しました。資材を見て簡単な設計図に合わせて数量を計算して購入する。そして穴を掘り枕木を埋め、根を隠すための土を畑から運び、角材を置き埋めていく。最後に屋根瓦のチップを巻いていく、その一連の工事は延べ3日掛りました。まあいわゆる土方仕事です。
Kikori3Kikori2

その工事中、庭の木が成長して暗くなっていることに気が付き、前からチェックしていた木を切ることにした。モミの木は幹の太さが10㎝ほどだったが長さが3mもあったので、木を切る手順を整えてから切り始めた。それは以前のブログにも書いている。森の木を切るのは神聖な行為なので心して取り掛かる事が大切だといつも思っている。今回は樅と楓とノリウツギを切った。どれも真っすぐに伸びている木で芯は柔らかかった。ノリウツギを切りながら先端の花がドライフラワー化していて自然な味わいのある色になっている。

Kumo1Kumo2Kumo3Kumo4_2





もう1つ私の遊び心を刺激したことがあった。畑の脇に大きな蜘蛛を見つけた。つまらなそうにしているので畑の中の小さなバッタを見つけて蜘蛛の巣に投げつけてみた。すると蜘蛛は勢いよく近づき糸を出してからめていった。その様子を写真に撮った。昔「禁じられた遊び」という映画があったが、小さい男の子が十字架を作って虫の死体を埋めていくという場面があった。まさに禁じられた遊びなのだが、私のしたことも禁じられた遊びかもしれない。映画の名前が思い出せず、もう一つ別の映画「けがれなき悪戯」が記憶の渦を巻いてしまった。
森の中にいても下界のことが気になりツイッターやフェイスブックやニュースを聞いてしまう。今の私は戦争反対ではあっても、国会に集合する時間は作れない。その狭間で揺れていた時間はあったが、今は相棒の健康のことで心がいっぱいだからだ。

2015年8月15日 (土)

川上村の花火

Khanabi6_2川上村の夏祭りの花火大会があった。
芳州先生が新しいカメラ、オリンパスのスタイラスSH-1を花火モードに設定してくれたので私はただシャッターを押すだけだった。けれど上る花火も見たいので途中からは全く押すだけで、ひたすら花火の美しさに驚嘆していた。音もすごい!お腹にドーンと来る。

Khanabi1_2Khanabi2Khanabi3

初めに来たのが宇宙の神秘を感じさせる銀河系花火だった。今宇宙ステーションにいる川上村出身の油井亀美也さんに届くようにと村全体の総意が込められていると私は感じていた。油井さんはレタス畑で農作業をしていて、お父さんが帰る時も帰らず、ずっと星空を見ていたそうだ。 最後はたくさんの種類の花火が入り混じって、感動拍手感動拍手だった。
Khanabi4Khanabi5








終わったと聞いてもまだその心の中が花火でドカーンだったので、暗い中、芳州先生と一緒に佇んでいた。すると村役場の裏から鹿がヒューンと鳴いた。耳を凝らしているともっと近くでヒューンヒューンと鳴いた。鹿がどんな気持ちで花火のドカーンを聞いたかと思ったら何だかたまらなかった。

《花火にかかわった方たちへオマージュを込めて》
      オリンパスのカメラの開発をしている方たち
      川上村の花火にかかわった方たち

最近のトラックバック