2018/04/09

タケノコとアサリ

ホノカ
4月のあとりえチビッコは昔もよく描いていたタケノコです。それとアサリの殻を耐水性のペンで描かせました。そのあと絵の具で着色しました。観察をさせやすいモチーフです。

ソウタロウ
私の記憶では10年前の教室では子供たちが食欲も全開で元気に取り組みましたが、今回は新学期が始まったせいか少し落ち着かず集中力に欠けました。

ツカサ
因みにこのタケノコを買った大倉山の八百芳では10年前に華穂ちゃんが上手に書いたので、おじいさんが八百芳賞をあげると言って大きなタケノコを下さいました。

マオ
そのおじいさんはちょっと前にお店に居たと思っていましたが去年の8月に亡くなったとご兄妹のおばあさんに聞きました。子供たちにはその話をしました。

カオリ
アサリは線描よりはペンで顔を描く方が楽しいという展開になりました。時には指導が予定外の方向に流されることもあります。


相変わらず教室の後での夕食は筍ご飯でした。最近その手の料理が上手になったとつくづく思います。年の功でしょうか。もう少し絵の指導も上手にならなくては思いますが、それも年の功で子供に付き合っていけるでしょうか。
まだ先になりますが5月の1回目は母の日の作品にします。ママのために頑張って欲しいです。(o^^o)

| | コメント (0)

2018/04/07

「寄せ植えの芸術展」in 日比谷公園@2018


ケイ山田ガーデニングスクールの寄せ植えの芸術展が日比谷で開催されています。8日までです。お時間がある方はお出かけください。
初日には怖い夢を見ました。花材のデルフィニウムが折れていた夢です。
怖い夢に反してラッキーな賞をいただきました。今まで取ったことがない「ヘッドガーデナー賞」です。バラクラのヘッドガーデナー、アンデイー先生に選ばれました。これからまた頑張るモチベーションが上がります。昨夜と今日は春の嵐が吹き荒れています。
今回は背の高い紫のデルフィニウムを花材に使っているので折れていないかとても心配です。

| | コメント (0)

2018/03/24

花束を描く@2018春

ツカサ
1年生最期のあとりえチビッコは花束の絵を描いた。モチーフの持つ雰囲気を絵にすることを感じさせたかった。花は色彩、匂い、形の美しさがある。それに気づくことやいい匂いの花をママにプレゼントしたい!そのような気持ちも大切です。お絵描きでは時々この絵をよくかけた子にこの花をおみやげにあげると言います。今回はどの子もだんだん作品が素敵になってきたのでアミダで1番をきめることにしました。ツカサ君が当たりになりました。
マオ
子供の絵は1番気になるところから描き始め、それがその絵の印象になります。出来るだけ教え込まないでその子の持っている力や特質が出るように待つことだと思います。一年経ってその特質のようなものが出て来た感じはします。
カオリ
形が取れないときは色の好みを引き出し、色がつまらないときは線の引き方を少し教えて進みます。いつかその子の持つ個性が私にもその子にも同じように意識できる所まで行くと良いなあと思っています。
今回、ソウタロウはインフルエンザでお休みでした。春休みで先生も山に行くのでフォローはせず作品はありません。
ホノカ
ホノカはまだ幼稚園年中組です。印象的なピンクを使いました。
子供たちの作品はパステルを使い、フィキサチーフで粉を固定しました。

| | コメント (0)

2018/03/06

一年経った自分を描く@2018

子供たちが入ったばかりの頃に描いた「自分」はパターン化した顔や髪の毛だった。子供らしく疑いもしないでのびのび描いていたとも言えるけれど、今回は以前の絵と比較させて、一年たっての「自分」を描くことをさせました。前回はクレパス、今回はアクリル絵の具です。

ソウタロウ
午前に指導した子3人は場面の中の自分を描かせた。
ソウタロウは好きな自転車に乗っている自分を描いた。ペダルまでの足の長さやハンドルまでの手の長さが面白い。

ツカサ
ツカサはけん玉をしている自分を描いたのだけどけん玉が小さくなり見えにくい。スクラッチ画を描きたいと言うのでアクリル絵具を多色で塗り、次にはクレパスで黒に塗る予定なのだったが、ツカサは急に虹を描きたくなりクレパスで塗った。
ホノカ
ホノカは自分を描いたら弟のことも描きたくなった。4歳児にとっては後から生まれた弟の存在は自分と同じくらいに大きいのでしょう。明日が弟の誕生日なので真ん中に苺のケーキがあります。

カオリ
そして午後から指導したマオ、カオリちゃんは今までのパターン化を今回で変えて見たかったので午前とは変えた指導をした。
2人は絵をどう描こうかと考えてしまうので、午前中の残った絵の具を混ぜて作る絵の具が綺麗な色なので、「どんどん混ぜていくから良いと思ったらストップと言って」と混色して行った。まず緑と青系を混ぜた。そこでカオリちゃんがストップといった。そしてその色をバックに塗らせていった。今度は赤や金や白、紫を混色していった。マオもある所でストップと言って次にボードに塗らせていった。そこに自分の目を描かせ、顔の色を塗り乾いたところから口、鼻など部分的に描かせた。

マオ
本来は自由に描かせたいがパターン化は細部を見ないことになり、観察による子供の目線の面白さが引き出せない。今回は2人とも絵を描きながら意外な展開があるのを感じたかもしれない。

| | コメント (0)

2018/02/27

Facebookからのお裾分け


「今宵は知り合って50年の50thアニバーサリー💖」
昨夜、Facebookにこの記事を載せたところ、私にしてはたくさんのコメントをいただきました。

夜景と前菜の盛り合わせの美しさに感激した夜
あとりえチビッコの生徒さんからと山小屋つながりのお友だち、新しいお友達とのお付き合い、そして50年の相棒との日々がスポットライトを浴びたように輝いて感じました。


ブログのみしっかり見てくださっている方のために、もう一度Facebookの記事を載せてしまいます。(*≧∀≦*)

| | コメント (0)

2018/02/25

セカイノオワリの「サザンカ」はフォーエヴァー

平昌ピョンチャンオリンピックの閉会式は今夜7時となりました。トップアスリートたちによって雪と氷を舞台にたくさんの感動がありました。オリンピックスポーツは私には遠い存在ではありますが応援しながら元気や美しさや涙もいただきました。午前中にLIVEでフィギュアのエキシビジョンがありました。
もう終わるのですね。イメージソングとしていつも流れていたセカイノオワリの「サザンカ」は忘れられない曲になりそうです。
歌詞もメロディーも気に入ったのでiPad、iPhone から続けて聴いています。歌詞も書き留めました。全部は表示できないので気に入ったところを書いてみたいと思います。

ここで諦めたら今までの自分が可哀想だと泣いた♬
いつだって物語の主人公は笑われる方だ。笑う方じゃない🎵
いつだって物語の主人公が立ち上がる限り/物語は続くんだ♬
嬉しいのに涙が溢れるのは/君が歩んできた道のりを知っているから🎶

これはオリンピックアスリートたちへのメッセージではありますが、受験勉強している子や何かの資格を取ろうとしている人や人生の荒波を超えてきた人たち、障害を持って体の不自由な人への共通の心の応援歌であります。歌を口ずさみながら涙が出て止まらなくなった。セカイノオワリは孫のトモ君に以前教わりました。Dragon night は2人でハモりました! あの歌詞とメロディーがずれた感じが好き!

ピョンチャンはパラリンピックへと続きます。

| | コメント (0)

«写真雑誌からの切り貼り絵(コラージュ)