2018/10/29

日比谷公園ガーデニングショー16周年を終えて

「日比谷公園ガーデニングショー16周年」は昨日終わりました。
今回私の作品は賞をとりませんでしたが、友人知人たちが褒めて下さり、作品も自分の納得できるまでやったつもりですので満足です。そして昨日最終日に懇親会があり参加しました。授賞式に出られた方から制作過程の苦心談や情報が聞けたとあとで聞き、 出席しないで少し残念に思いました。最近の私はパーキンソン病の主人を置いて外出することが気がかりで自分で勝手に自由時間は5、6時間と決めています。そのためいつでもどこかに出かけると走り回っています。🏃‍♂️


懇親会では涌井雅之さんがTBSの番組に出てから駆けつけていらしてお話されました。また会場では審査に当たられた杉井詩織さんもいらして、大変詳しく説明してくださいました。昔お母様の杉井明美先生をヨネヤマプランテーションでお会いしたことがあるので、時間の変遷を感じました。
私はもうコンペティションは出さないわと思っていましたが、来年もまた挑戦していつかは講評の栄に浴したいと思いました。


今回の作品は「庭の訪問者」で花や木の周りに遊びにくる鳥やハチ、チョウ、トンボをイメージして作りました。この自然への考えは次回にテーマを変えてもいつまでも続くと思います。
お忙しい中、会場に来て下さり寄せ植えを見て写真も撮ってくださった皆様ありがとうございました。

| | コメント (0)

子供たちに寄せ植えを教える


今日は子供たちに寄せ植えを教えました。
一番気がかりだったのは水を撒いてくれるかということと、夏の暑い太陽の時期を外したかったことです。そのためこの10月末になってしまいました。そしてダブルデッキという下に球根を埋めて春になったら花が咲くという楽しみをサプライズで盛り込みました。


ケイ山田先生にもご相談してみました。本当はミニシクラメンを勧められたのですが、予算的に金魚草とビオラ、球根はフリチラリアとムスカリとクロッカスになりました。パセリとレタスを入れたのは食いしん坊な子供たちに水やりを忘れないようにするためです。私もベランダで育てることにしました。
このような記憶が子供たちに残って、お花を好きな青年やお母さんになってくれるようにと思っています。まだこれから何回か違うバージョンで指導してみたいです。

| | コメント (0)

2018/10/22

ブルースターとビンを描く


子供たちは秋の行事で忙しい。今日はホノカちゃんだけの個人レッスンになりました。昨日日比谷公園ガーデニングショーで日比谷花壇の切り花コーナーに私の好きなブルースター(オキシペタラム)があったので買ってきました。それとシャンパンの瓶を描かせました。
幼稚園でお芋掘りがあったホノカちゃんはちょっと疲れていたみたい。


でも今日は1対1の個人レッスンで私が迫りすぎになるとかわいそうなので、私も彼女がくる1時間半前から絵を描いていました。そして彼女に指導しつつ私も描くという形をとりました。

| | コメント (0)

2018/10/15

ホトトギスとビンを描く

今日のあとりえチビッコはカオリちゃんとマオちゃんの2人だけでした。長野の庭にあった黄色い女郎ホトトギスとシャンパンのビンをモチーフにしました。他に生徒がいなかったので2人の双子関係を意識して教えました。 いつも真似をしたり、いつのまにか似てしまう絵ではつまらないからねと言いつつ進める。今日は違う考えで描けば、違ってくるわと言いながら、興味の対象が別であると意識させて進めました。


マオちゃんはシャンパンのラベルをスクラッチ画で描くことをやり始めると自信を持って自分で描いていきました。


カオちゃんはビンの形を手でなぞってからクレパスで描いていきました。ホトトギスの葉が尖っているとそれを描き、花は難しいと言うので私が折ってそばに持って行って観察して描きました。花の中の点々が面白いと気がつきました。

もっともっと観察して新しい発見をしてそれが絵に描ければ楽しいので、今はどうしても方法を教えてしまう。マオカオちゃんたちが保育園での絵の時間のことを話した。写し絵や塗り絵をよくしたそうだ。自分から描くことはしなかったらしい。それが全てではないと思うが、幼児期の絵の環境が写し絵や塗り絵はあまり絵画教育としては望ましくないと思うが、私が彼女たちを教え始めてもう1年半は経っているのだから、きっと徐々にいい変化が出て来ていると信じたいです。

バックをどうするかをきめるのに青、赤、緑、紫、橙色、水色のクレパスを出してあげて、いらない色を箱に戻していく方法で残った色を塗りました。マオちゃんは青、水色、紫。カオちゃんはオレンジ色。
2人が絵をとうして自分を意識した時間を持てたのはgood job!と言いたいです。

| | コメント (0)

2018/10/04

バラクラ収穫祭「寄せ植えの芸術展」


バラクラ収穫祭の寄せ植えのコンペティションは私は2作品出展しました。黒い鉢の作品がゴールド&ハイリコメンド賞をいただきました。寄せ植えはこのように賞をいただき次へのステップを踏むのですが、まずは作るだけでエネルギーを使い果たしてしまいます。


今回も提出する段階でホッとして現実の生活に戻る私です。







バラクラ収穫祭ハーベストフェスティバル2018は10月8日まで開催されています。

| | コメント (0)

2018/09/23

魚を描く@2018秋

シユウタ
今回は子供たちは魚を描きました。メバルとイワシです。
まず始めに机に座り魚を見て「臭い!」と声があがります。それから子供たちの発想の源はおしゃべりしながら広がっていきます。
ツカサ
「この匂いは嫌じゃない」「好きだよ」とも。
「この匂いは何処かで嗅いだことないか」と聞くと返事がない。海の近くでは?
「お料理屋さんでマグロを釣って切った時」「この魚はメバルとイワシよ」「メバルは竿で1匹ずつ釣ったりするけどイワシは海の中を集団でスイミーみたいに泳いでる」「水族館で見た」「水族館でペンギンも見た」「水族館はママが具合が悪い時にパパに連れて行ってもらったよ」「先生のところもお姉ちゃんが水疱瘡になった時に下の妹をパパが水族館に連れて行ったよ」「きっと寂しい思いをさせないようにとパパが考えたのよ」「違うよ、私たちが連れてってと頼んだよ」その他いろんなエピソードがあった。

マオ
そして今日はアクリル絵の具で描くので鉛筆でラフスケッチして始めた。良く観察すること。魚の中にある線や点、色もよく見て。そして絵を描くことは、算数とは違う。「1足す1は」「2!」「2!」「2!」「2!」

カオリ
では絵を描くことは「1足す1は」「5!」「100!」があるのよ。「無限!」

そしていつもの子供たちの質問「 これ終わったら魚どうするの?」「煮て食べたり焼いたりする」「欲しい!」
以前はこういう反応はお行儀が悪いと思っていたが、欲の無いよりは欲がある方が良いだろうとある程度は作品の出来不出来を評価して競わせている。

ホノカ
今回は運動会の延期などでホノカちゃんが午後から1人でのおけいこでした。このような教室での時間はいかに自由な雰囲気の中で描くかが大切で、観察力やコミュニケーション能力が育って行くと思います。

| | コメント (0)

«カラーシートでデザインする