« 寿限無を描く・Ⅱ | トップページ | モミの木を切る »

2004/12/07

ノアの箱舟

12月に入りあとりえでは恒例のクリスマスの工作に入っている。去年は箱庭式のオーナメントにしたが、今年は粘土を使って、「ノアの箱舟」を3回のおけいこで作り上げる。1週目は粘土の成形をした。ポンとくっつけるのではなく、つねりひねり出すと教えている。そのときついでに、私はお医者さんの真似をしてシャツを上げ腕を出し消毒をして注射を打つ真似をする。ワンパターンでも、粘土の時には大切な指導ポイントだ。入りたての子はつねる意味がわからず、そのとき喜んで作っていても次の週に教室に来て粘土がぽろぽろ落ちて、情けない思いをする。可愛そうだけど、その失敗も次の年に役立つ。指導者は失敗を意識させないといけない。
ところで、航平君は粘土の作り方がダイナミックだ。それを裏返すと乱暴とも言える。絵を描くときやコラージュなども細かな目を持たない。しかし彫刻的なこそげとる形成は上手だ。写真には撮れていないが、ほかの動物を荒削りに作った。まったく男の子らしい。妹の桃ちゃんとファリドといつも一緒に来る。

cocolog.jpg

|

« 寿限無を描く・Ⅱ | トップページ | モミの木を切る »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/2181758

この記事へのトラックバック一覧です: ノアの箱舟:

« 寿限無を描く・Ⅱ | トップページ | モミの木を切る »