« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の記事

2005/01/21

あとりえのスナップ

_007希望が丘の八つ橋幼稚園には幼稚園からずっとあとりえに通っている子がいる。物心の付きはじめに来た場所でずっと絵を描くというのは、心が落ち着くようで子供たちは何故か永いこと通ってくる。また兄弟が少ないせいか、気が合えば仲良くなる。学年がちがっても仲良く見える。私も子供の絵を上手にしようと、思うときもあるが、もう一つの自宅のあとりえよりゆったりと構えている.それでもここぞというときは譲らずに、しっかりと描けとうるさい。子供たちも私の心を判り始めると食いついてくる.
 この子たちはそんな感じで描いていた。嵩一朗は「あっ、僕の顔は出さないでください。」と言った。「僕もね」と龍司も言った。ちょっとだけ映っちゃった。希望が丘の「冬の野菜」は指導に夢中になり、デジカメとらず。ゆいちゃんとあみちゃんの素敵だったけど、こんどね。だんだん日が長くなってきれいな夕焼けを見て帰れる幸せな時間!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

冬の野菜を描く・Ⅲ

_004幼稚園年中のももかちゃんはやっと絵の具でものの形を表現できるようになった。どうしてこんな風に絵を描くのかも、どうして描かないといけないのかも解らずにいるみたいに描いている。ただ私と冨井大裕先生に絵の具を入れてもらって、絵を描くのが楽しそうにはしている。山芋も食べたことがなく、水菜もいつ食べているかわからないでいるようで、ゆずだけは匂いを知っていたようだ。このように絵を描くだけでなく生活の中の季節感や知らない習慣を絵を描きながらゆったりと教えてあげたい。自分の子にしたように、そして今、孫にもしているように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の野菜を描く・Ⅱ

_002なつきちゃんは今月から弟もあとりえに来た。前からまじめに絵を描いているが、今ひとつ、物足りなさを感じる描き方だった。しかし今度弟が入ったことで、先輩としての意識がでてきたのか不思議なことだが、絵にまとまりと強さが出てきた気がする。その気持ちがほかにもうまく働くといいと思う。ガラスのコップの中の金柑の入っている面と出ている面の違いをよく見て描いた。モチーフに対しての座った位置が悪かったが、それを意識させない描き方をした。これからも期待してます。でもゆったり描きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の野菜を描く・Ⅰ

_001メイピーはこのごろ真剣に絵を描いている。白菜と乾ししいたけをよく見て描いた。どちらかといえば女の子はものを見て描くのが得意だ。またお母さんのお料理の手伝いをよくする子は食材をよく見ているのがわかる。切ったり皮をむいたりするので食べているだけのときの観察とは違う目を持つ。今回の教材である透明水彩絵の具のエメラルドグリーンとコバルトブルーをしっかり使って描きました。いつものメイピーより強い表現になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/10

あとりえはもうすぐ始まります

kawakami05_025川上は昨日と一昨日に降った雪で2,30センチ積もっています。ココちゃんのお散歩も、私はコートを着て手袋をしていってきました。日差しがあると暖かですが、曇ってくるととても寒いです。昨夜はストーブをつけていて室温はマイナス3度でした。たぶん外はマイナス15度ぐらいだったと思います。そういえば昨日芳州先生が燻製の油を家の階段の脇に捨ててあったけど、さっき見たら狐が引っかいた跡がありました。そして狐の足跡がいつにも増してうちの庭にありました。自然は厳しい。ガンバレッ!コンコン!
横浜のあとりえはもうすぐ始まります。おけいこはじめの課題は「冬の花」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/07

サルかテンの足跡

life_019もう七草粥を食べました。今年は川上村のスーパー、ナナーズで七草を買いました。七草のパックが2種類あって、白カブと赤カブがありました。どうしたって白でしょう。散歩に出て、数件先にある山小屋風の家の屋根に動物の足跡があった。サルかテンだと思うが判定は難しい。写真が私の撮影のため、なお判りづらい、つまり下手。
今年もこのぺースでココログっていきますのでよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »