« 僕のくつ、私のくつ Ⅴ | トップページ | 僕のくつ、私のくつ Ⅶ »

2005/02/24

僕のくつ、私のくつ Ⅵ

kutu7江美ちゃんは絵を描くよりおしゃべりをするほうが多い子だ。鋭い観察力と、大人びた感想をいつも話す。こんなことを言ってあとりえの先生言い過ぎじゃない?そんな心配は私と彼女との間にはもうない。はっきり言ってあげることこそ彼女には必要なのだ。それでもたまに何もしゃべらないときがある。めったにないが。そんなときは、絵に元気がない。
このくつは、外から帰って蹴飛ばしてある片方と、普通のほうと描いた。江美ちゃんらしい思いつきだ。

|

« 僕のくつ、私のくつ Ⅴ | トップページ | 僕のくつ、私のくつ Ⅶ »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/3064931

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のくつ、私のくつ Ⅵ:

« 僕のくつ、私のくつ Ⅴ | トップページ | 僕のくつ、私のくつ Ⅶ »