« 川上から急ぎ戻る | トップページ | 自分の絵本を作る »

2005/03/14

2005年のバレンタインデーのメッセージ

今日はホワイトデーでした。バレンタインデーに今年は60人の友だちにチョコレートとメッセージを贈りました。毎年の年中行事です。もう13年は続いているでしょうか。去年、止めると宣言しましたが、やはりまた書いてしまいました。このブログを見ている方、niftyの方へ、またあとりえ・チビッコのパパ、ママへメッセージだけ贈ります

森の木々の葉がパラパラと落ち始めると、山の上から紅葉が始まる。都会に紅葉が届くころには、山に雪が降り始める。そんなときには車のタイヤをスタッドレスにしておくと心強い。横浜の家の駐車場で、タイヤ交換をする。我が夫、芳州は若い頃から、車のタイヤ交換を自分でする。40才で免許を取った私は、毎年タイヤを物置からもって来るだけだ。すごいなあと思って見ている。機械に弱いからできないし、力もないので無理だと思っている。さて機械に弱い私が昨年秋、パソコンを動かし、ホームページを作った。念願の作業だった。去年からはやりだしたブログと言う、簡易的なホームページだ。「誰でも簡単に作れます」と言っている。しかし私の脳は去年のエアコンほどにフル回転して、壊れそうになったりしながら、やっと作った。老眼鏡をかけ、ウインドウのはじに置いたパソコン用語集をクリックし、簡単ホームページの本に鉛筆でメモをし、うるさい犬にボーロをやってから、受話器を取って、niftyに電話をし、なんと1時間半もの時間、質問をした日もあった。豊田は「君って結構、おたくだったんだよ。」と言った。私も実際そう思った。いろいろな設定をし、10月の孫の誕生日までに作ると宣言した予定日の11日前の10月10日にスタートできた。私の造形絵画教室、「あとりえチビッコ」のホームページでもあり、川上村での生活も書いている。私にとって、あまりに脳を使ったせいか、そのあと漫画(コミック)に夢中になった。脳ミソのクールダウンをしたのだと思う。手塚治虫の「アドルフに告ぐ」や「ブラックジャック」。その登場人物が好きになってしまった。また時間は数ヶ月さかのぼり、クイーンの音楽にも心を動かされ、あとりえの子供たちに聴かせ、絵を描かせた。そして小説「ドリームキャッチャー」、「アトランティスの心」と読み進み、スチィーブンキングにまたもや夢中になった。これはきっとブログをつくるという硬い意志の気持ちが脳を刺激して前頭葉が元気になったのだと思う。さて下線を引いたところにお気づきですか。10、ジャック、クイーン、キング、まだ一つ足りないのがエース。こうなるとどうしてもつじつまを合わせようと、考えるのがシンプルな脳細胞!恵子ちゃんの脳細胞! いつまで待ってもエースがないので、ハートのエースだったら何とか探せそう。そしてハートのブローチを横浜中華街で見つけた。今結構気に入り、街の中も、森の中でも着けている。曲がった黒のハートに贋物のダイヤが散りばめられている。さて去年バレンタインデーのチョコレートをやめると申し上げました。が、やはり続けることにしました。「 もうあのうるさい手紙が来なくてほっとしたよ 」と言う方には、ここまで読ませてしまい、申し訳ないのですが、まだ1,2年は続けます。私の健康にこの方が良いようです。私の勝手なわがままを聞いてくださってありがとうございます。わがままついでに、私のURLは下記です。 あとりえ・チビッコ http://atchibi.cocolog-nifty.com

|

« 川上から急ぎ戻る | トップページ | 自分の絵本を作る »

おすすめサイト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/3301545

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年のバレンタインデーのメッセージ:

« 川上から急ぎ戻る | トップページ | 自分の絵本を作る »