« 義母の入院 | トップページ | コラージュ Ⅰ »

2005/04/10

望君のこと・エピソードⅠ

「nozomi.bmp」

6才の望君は教室に来ても泣いてばかりいた。以前から絵の具を全部混ぜてしまったり、途中でやめたり、不安定な状態が続いていた。訳を聴くと、お母さんは好きだけど、お腹の赤ちゃんはいやだという。
「 よし、じゃあ赤ちゃんが嫌いなら、絵の中でやっつけちゃおう 」
「 うん 」
彼がピンク色で描いた赤ちゃんを、彼の指示によって、二人で赤や黒、緑、茶で塗りつぶし始めた。3枚塗りたくると彼の目が輝いてきた。
「 次はお母さんを描こう 」
「 うん 」
今度は望君一人ですばらしいお母さんが描けた。周りにいた子供たちも一緒に目を輝かした。
「 望君、良かったね 」
その日の出来事はひとつの賭けでした。失敗したら大変です。今弟が生まれた望君は安定した気持ちで絵を描いています。・・・・・・・1984年の出来事より・・・・・・・・
この絵はそのときのイメージです。

|

« 義母の入院 | トップページ | コラージュ Ⅰ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55699/3642930

この記事へのトラックバック一覧です: 望君のこと・エピソードⅠ:

« 義母の入院 | トップページ | コラージュ Ⅰ »