« ビンを描く・Ⅵ | トップページ | <カラコール>という名のペンション »

2005/07/01

蓼科中央高原のハーブ園

herb_019 梅雨の合間の晴れた時間、蓼科のハーブ園を散策した。お気に入りの花の写真が2枚撮れた。1枚はこのハーブ園のデルフィニューム。

もう1枚はペンション<カラコール>の大きなテーブルの上の赤い薔薇の花。奥さんがお庭の花を活けてくださったのだが、私の腕の悪さで、砂糖入れを一緒に撮ってしまっていた。写真をいじって、その部分を消そうとしたが、うまくいきそうもないので、そのまま載せようと思う。絵を描くように撮れた気がするんだけれど。

ハーブ園はたくさんのハチが蜜を食べに集まっていた。カモミールと、パイナップルミント、あと何かの香りが匂っていた。このブログのドアをあけた人にも香りが伝わりますように!きっと元気になる!

|

« ビンを描く・Ⅵ | トップページ | <カラコール>という名のペンション »

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科中央高原のハーブ園:

» ハーブ [ダイエットのココロ]
ハーブハーブ (herb) は、元来ラテン語で草本性の植物、つまり草を意味し、特にヨーロッパで薬用やスパイスなどとして有用な草を呼ぶ。従って、有用植物ではあっても木本植物の場合はハーブではないし、薬用とされるハーブの場合には毒性が強く用法を誤ると深刻な中毒症状を引き起こすものもあるので注意が必要であ...... [続きを読む]

受信: 2005/07/05 15:14

« ビンを描く・Ⅵ | トップページ | <カラコール>という名のペンション »