« Jazzを聴いて描く・Ⅱ | トップページ | Jazzを聴いて描く・Ⅳ »

2005/11/18

Jazzを聴いて描く・Ⅲ

jazz_016 jazz_017 jazz_018 jazz_023 左からユイ、ファリド、モモコ、エリナ。

まったく無言。ピン、ピン、ポロン。宙を見つめるファリドの目がきれい。ファリドはお父さんがイランの人だ。かつて芳州先生が撮影でイランに行ったとき、あちらの女性は目が大変きれいで、引き込まれそうだったと言っていた。1年前のファリくんは、少し落ち着かなかった。でも今ではしっかりと椅子に座って音楽を鑑賞し、こんな絵まで描けるようになった。金や銀のマーカーを置いておくと、それを使いたがる。今日はそれはなし。ピン、ポロロロン、ダン、ダン、ダン、ダダダン、ピン、ポロポロポン。ファリド再び、宙を見つめる。

ユイも夢中で描いている。夏の手術の影響は感じられない。40分経った。鼻くそほじる。ピン、ピピピン、ピン、ポロン。

エリナ、口をきゅっと結んで、ちょろっとユイを見る。いつも絵を描く時は静かなエリナ。全くしゃべらず、描き続ける子供たち。ポンポロポンポンポロロン、ボンボン、ピピロン、・・・・・・・モモコ、直感的に描いていく、今日は友だちと一緒に来たので、早く描いて遊びたいのだろう。3回のなおしでOK 。ダイナミックなタッチだ。

|

« Jazzを聴いて描く・Ⅱ | トップページ | Jazzを聴いて描く・Ⅳ »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jazzを聴いて描く・Ⅱ | トップページ | Jazzを聴いて描く・Ⅳ »