« Jazzを聴いて描く・Ⅲ | トップページ | 父の死・Ⅰ »

2005/11/18

Jazzを聴いて描く・Ⅳ

jazz_022 SHUはピアノを習っているせいか、音楽の規則性を色彩の構成で表しているような気がする。あとりえにはもう7,8年は通っているだろう。花や果物などの静物画も得意だが、こういった絵はSHUは楽しんで描くから、見ていても面白い。

中学になると、このような訓練は自分でしない限り、減るだろう。学校でのデザインの授業でこういった課題をたくさん出して欲しいものだ。

私はこのブログの中で、だいぶ前に情操教育について触れ、その名前を変えたいと言った。まだ思考中である。SHUに7年間してきたことこそ、情操教育なのだと思う。たぶん公立の小学校では意識して指導しているところは少ないだろう。まして、中学ではその余裕はもっと少なくなる。このSHUの感覚を伸ばしてやりたい。

今回の「Jazzを聴いて描く」のモダン・ジャズ・カルテットの 「ジャスミン・トゥリー」 は選曲として良かった。

|

« Jazzを聴いて描く・Ⅲ | トップページ | 父の死・Ⅰ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jazzを聴いて描く・Ⅲ | トップページ | 父の死・Ⅰ »