« よく遊ぶ子は体験画がいきいきしている・Ⅳ | トップページ | インフォームド・コンセントと絵画教室 »

2005/11/04

よく遊ぶ子は体験画がいきいきしている・Ⅴ

taiken_016 カスミは犬にえさをやっているところを描いた。新潟のおじいちゃんのうちの犬だろうか。楽しそうに描いているので、細かい設定を聞かなかった。カスミはつい最近までよく遊んでいたが、塾にも行くようになり、少し遊びから離れている。それでも、いきいきとした絵を描くのは小さい時から、じっくり遊んでいるからだと思う。

外で遊んでいる子たちを観察すると、友だちの話をしている子もいるし、ゲームをしている子もいる。本当の「 子供の遊び 」とはかくれんぼをしたり、ボール遊びをしたり、他者とのかかわりがあって本当の遊びになると思う。 そしてそれが、栄養となって、しっかりしたやさしい人格を育むのだと思う。

現代は子供たちが一人でいても、気づかれない。私は大きな声を出して、皆に言いたい。

「 遊びましょ !」

|

« よく遊ぶ子は体験画がいきいきしている・Ⅳ | トップページ | インフォームド・コンセントと絵画教室 »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よく遊ぶ子は体験画がいきいきしている・Ⅳ | トップページ | インフォームド・コンセントと絵画教室 »