« サンタは何に乗ってやってくる | トップページ | サンタは何に乗ってやってくる »

2005/12/13

目黒サレジオ教会のクリッペ(降誕劇のオーナメント)

sarejio_002  昨日、実家に行った帰り、少しまわり道をして、目黒サレジオ教会のクリッペ(降誕劇のオーナメント)を見に寄った。昨年写真を間違えて、消してしまったので、もう一度撮ろうと、寄った。芳州は去年の方が明かりがきれいだという。もしかすると今はまだ、照明を少なくしているのかもしれない。

 今から50年前、その辺り一帯は田園風景が広がっていた。私は弟と二人で、目黒第七中学校の美術教師の渡辺先生のおうちに、絵を習いに行っていた。春になるとよく写生に出かけた。当時建ったばかりのサレジオ教会は私が行っていた幼稚園の教会と比べて格段の大きさだった。イタリアの教会であると分かったのは、その後大学生になってから、同じ敷地にオリベティ(タイプライターの会社)が出来て理解できた。

小川が流れるそばの草の上に座って、絵を描いた。教会の屋根のスロープの下のアーチ状の模様を毎年毎年、がんばって描くのだけれど、数が合わないので、困って無理やり、アーチを小さく描いたりしていたっけ。何回かの写生会をするうち、その教会の真ん前に、リボンジュースの会社ができて、絵が描きにくくなり、写生会は終わった気がする。懐かしい思い出だ。先生はどうしていらしゃるだろう。当時久保山事件の後で、私のことを名前を間違えてよく、「久保山、久保山」と呼んだ。「先生、私は久保です!」

明日はあとりえの工作がある。少しでも風邪を治さなくちゃ。教会のクリッペを後に車に乗った。

|

« サンタは何に乗ってやってくる | トップページ | サンタは何に乗ってやってくる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンタは何に乗ってやってくる | トップページ | サンタは何に乗ってやってくる »