« 楽しみな上田さんの写真 | トップページ | チョコレートは黒猫メール便で送りたい »

2006/02/11

バレンタインデーのチョコレート準備OK

keikokoukaskyan私のバレンタインデーのチョコレートは芳州先生のお仕事関係に送ることから始まった。営業と言っては元も子もなく、義理と言ったら、私の美学に反する。なんて言いながら、下手なエッセイを書いては直し、書いては直して、チョコを混ぜながら、チョコでも一緒にしておかなければ、見てはもらえぬと思い、送り続けた。仕事の関係で編集の人もいるし、写真家の先生もいる。無い力を精一杯出してエッセイを書いている。

基本は長野の川上の山小屋の自然を書くことだ。都会の喧騒を忘れて、山のさわやかな空気を書いてきた。 私にとっては文章修行になったし、送られるかたには2月のお楽しみになったらしい。 一昨年には100を超えたので、止めると宣言したが、去年やはり、復活してしまった。私の健康には良いと感じたからだ。

1月末から、チョコレートを選び、買う作業と、エッセイを書く作業の二つを準備し始める。郵送方法は封書の形式で送るので、数年前までは郵便局に持っていき、2月14日に届けるというシールを張って送っていた。最近ではメール便を使っている。どちらも厚さが2センチ以内でないといけない。そのため、チョコレートはおのずと限られてくる。 美味しい、でも郵便で送れることが条件。 わざわざ出かけて贈る勇気は無い。

以前はフォションを買っていた時期もある。板チョコや、コインチョコがあるからだ。最近はモロゾフのコインチョコが送りやすい。でもいつの時も、夫である芳州には神戸一番館のポムダムールをあげている。リンゴをチョコでコーテイングしてある。阪神淡路大震災ではポムダムールが手に入るか心配した。ちなみにポムダムールはフランス語で 「愛のリンゴ」

贈っていることに厭う気持ちは無いのだが、何も言ってこないのは、迷惑しているのかと、最近考えるようになった。悪女の深情けなのかと気づいたからだ。 来年からは、うれしいと表明してくださった方だけに贈ることにするつもりだ。とにかく私が勝手にしていることなので。

|

« 楽しみな上田さんの写真 | トップページ | チョコレートは黒猫メール便で送りたい »

おすすめサイト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

豊田 恵子 様

今年もチョコレート天使が届き、うれしい限りです。
毎年、恐縮して頂いていましたが、メッセージを拝見して「なるほど」と、思いました。
恵子さんらしい気持の表れと思い、ありがたく頂戴したいと思います。
明日からの知床・流氷撮影に持参し、チョコレートを食べて頑張りたいと思います。メールアドレスあてに送信したら届かなかったようなのでブログを使いました。山内一豊田の内儀だろうなんて、言って、ニタついている芳州先生の顔が目に浮かび笑ってしまいました。よろしくお伝えください。

                    上田頴人

投稿: 上田頴人 | 2006/02/16 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しみな上田さんの写真 | トップページ | チョコレートは黒猫メール便で送りたい »