« 今日は豆まき、一陽来復! | トップページ | 楽しみな上田さんの写真 »

2006/02/03

桃煌会展(横浜高島屋)をみて

私の日本画の師、横溝由貴先生の妹さんからの連絡があって桃煌会展に行ってきた。横溝先生は安田靫彦、小倉遊亀に師事していたと聞いていたので、そのお仲間の9人の先生たちとの展覧会なのだ。20号の「北国の秋」は北海道に行って描いたものという。今までにない先生の絵だった。いつも花、とくに椿が好きだったが今日の作品は、秋の紅葉が終わりで、遠くに雪がかかった山々が見え、絵には先生の心の寂しさが感じられた。生まれて初めて絵の前で泣いた。私が5,6歳からの師だったから。始めはお習字を習っていた。もう一度先生のご冥福を祈った。半世紀ものお付き合いだったのだ。

今夜は豆まき、芳州先生に 「鬼は外、福は内」と大きな声で言ってもらおう。そして12時ちょうどに、穴八幡の一陽来復のお札を付けよう。そして立春。春が来る。

|

« 今日は豆まき、一陽来復! | トップページ | 楽しみな上田さんの写真 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は豆まき、一陽来復! | トップページ | 楽しみな上田さんの写真 »