« 桜のようにパッと咲いて、パッと散る | トップページ | 山の春はまだ遠い »

2006/03/31

ココの妊娠

Coco_1 Kawakamimura04_001 昨日、朝起きて見ると、いつも元気なトイプードルのココが元気がなく、なぜか水ばかり飲んでいた。そのうち、ゲエッと言って吐きはじめた。どうしたのかと思い心配になって、近所のいつも懇意にしているペットの鹿馬(シカマ)先生のところに連れて行った。

聴診器を当てて、いろいろ調べるうちに、これはおめでたです、と言われた。「そんなばかな!」ココは甘えん坊で怖がりで、私のそばを片時も離れたことは無い!???「そういえば」

去年の暮れに川上で少し暖かい日があってリードをつけないで散歩した日があった。そのときなぜか、私が目を話した隙に山の方へ鳥を追いかけて戻らない時があった。プードルは鳥猟犬だと言う。 あんなトイプーにも、DNAがはっきり出る時もあるんだと思い少し待っていた。それでもいくら待っても戻らず、芳州先生と手分けして山に入った。1時間ぐらいすると体中、草の種だらけで戻ってきた。

あの時しか考えられない。どうしたらよいのだろう。とりあえず、鹿馬先生は人間と同じように、最初の1ヶ月気をつけてください、ということだが、私はまだ喜ぶことが出来ずにいる。写真はココが一時アバンチュールを楽しんだお山です。

ココログの不具合で日時の設定が間違っています。今日(4月1日)です。

皆さん、ここまで読んでお気づきですよね。今日は、というか、昨日は四月馬鹿(エイプリルフール)です。(4月2日 20時記)

|

« 桜のようにパッと咲いて、パッと散る | トップページ | 山の春はまだ遠い »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

四月の馬と鹿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜のようにパッと咲いて、パッと散る | トップページ | 山の春はまだ遠い »