« あとりえも新学期 | トップページ | 情操教育 《その新しい名称探し》・Ⅰ »

2006/04/17

早春の箱根で桜再び

 Hakone_038_3先週、あとりえの子供たちの展覧会の作品を冨                       井先生に選んでもらい、私は少しほっとして、箱根に行った。

仙石原の湿生花園は早春の芽吹きでさわやかだった。水芭蕉、カタクリ、ヒトリシズカ、コブシなどが咲いていた。

水辺のため、風が寒かったが、写真を撮ろうと熱心な方々は大きなレンズや三脚を携えて、参加していた。

山桜がところどころに咲き、馬酔木も箱根らしく、もう一度桜を愛でることが出来る日本はいい国と思いたい。幼い頃に家族で来た箱根旅行を思い出し、父が好きだった神山、よく話に出てきた神山を仰ぎ見た。

そして、桜を背景にいくつもの家族がうれしそうにHakone_034

「はいチーズ!」

この桜はそれぞれの家族と一緒に映り続けてきた。おじいちゃんの背中、おばあちゃんの腰、若い娘の足、その娘の肩に手を置く若者、定年を迎えてゆったりした中年夫婦。幼い子ら。写真が残るというのは 幸せの証

|

« あとりえも新学期 | トップページ | 情操教育 《その新しい名称探し》・Ⅰ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あとりえも新学期 | トップページ | 情操教育 《その新しい名称探し》・Ⅰ »