« スニーク・プレビュー 「ナイロビの蜂」を見て | トップページ | 早春の箱根で桜再び »

2006/04/13

あとりえも新学期

Tomoyuki_012 いつの年も梅が咲いて、桜が咲き、あまり注目されないけれど桃と、梨も咲く。よく見るときれいなのに。写真は梨の花。

あとりえでは今までだと、卒業式、展覧会、新学期だったが、会場の抽選が予定通りにいかず、展覧会が5月にずれ込んでしまった。それでも、あとりえで絵を描いたり、工作をしたいと、4月になると新しい子供たちが集まる。

以前、兄3人(悟、望、豊)が入っていて、そのときに、妹が生まれたと言っていたことがあったのだが、今度は、その妹ユキミが入った。またこの間まであとりえにいて、受験とあとりえを両立させていた、ナツキのお母さんからは精神的に安定して受験が出来たと連絡があったりした。あとりえでは勿論、造形絵画の技術的な上達をめざしているのだが、絵を描くという行為の中に精神安定の心理学的効果が多くある。それはよく言う、情操教育であると思うが、その新しい言い方を模索中ではある。

このところ、このブログのアクセス件数が少なめで、それに一喜一憂する自分に嫌気がさしていた。GoogleのPageRankも豊田芳州のThemeに追い越されてしまった。山之内一豊田の妻としてはいいはずなのだけど、それがそれ、人間の心はこのパソコンの中より複雑で、怪奇なのだ。

いつも、海の中のクリオネのように、上昇し続けるKeicocoとしては、気持ちを切り替えて、新学期の子供たちの指導にエネルギーを注いで、がんばっていた昨日、1本の電話があった。

朝比奈君のお母さんからだ。長女と同学年の息子さんがいてやはりあとりえに来ていた。、今息子は日本で、ご夫妻はカナダにいるという。ご主人が海賊の本の翻訳をしていた。私はあとりえの準備中で、短い会話だったが、朝比奈さんはこのブログを見ているという。

「じゃあもうずいぶんお会いしてないけど、あなたは私たちのこと皆知っているんでしょう。」と聞くと、笑っていた。ブログも昔仲良しだった人が見てくれて、連絡があれば、アクセスなんて関係ないんだ。少しうれしくなった。

朝比奈さん、今度このプロフィールの中のメールでお手紙下さい!

|

« スニーク・プレビュー 「ナイロビの蜂」を見て | トップページ | 早春の箱根で桜再び »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スニーク・プレビュー 「ナイロビの蜂」を見て | トップページ | 早春の箱根で桜再び »