« あとりえ・チビッコ展06 KEICOCOぎゃらりー・Ⅴ | トップページ | あとりえ・チビッコ展06 KEICOCOぎゃらりー・Ⅶ »

2006/05/15

あとりえ・チビッコ展06 KEICOCOぎゃらりー・Ⅵ

06tenrankai_035 06tenrankai_036 06tenrankai_037             

            

            

子どもたちの置かれている立場はいろいろな時があります。弟が次々生まれて、お母さんの愛情をとても欲しい子、また赤ちゃんが生まれて落ち着かない子、お姉さんの受験で今までのママの愛情がどこかに行ってしまったと思う子、それは絵に出ます。でも何年も続く訳ではありません。絵に出るので、私はママに伝えます。そんな子が大きくなって、「先生お世話になりました。ありがとうございました。」なんていわれると、もう、もう、「先生だって、先生だって、涙が出るわい!」

Tミヅキ《赤いお魚》         エミ《私》           アヤノ《ココ》

|

« あとりえ・チビッコ展06 KEICOCOぎゃらりー・Ⅴ | トップページ | あとりえ・チビッコ展06 KEICOCOぎゃらりー・Ⅶ »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あとりえ・チビッコ展06 KEICOCOぎゃらりー・Ⅴ | トップページ | あとりえ・チビッコ展06 KEICOCOぎゃらりー・Ⅶ »