« 蛇騒動 | トップページ | DVDの選び方・3才の子用 »

2006/07/30

私の幼少時の夢は植木職人だった

Tukasa_1 昨日は銀座1丁目のギャラリー現 GALLERY GENで冨井君の展覧会を見に行ってきた。大学の彫刻科の助手の仕事をしながらの展覧会のため、自分の制作に時間がかけられないような気がしていたが、今回の作品に新しい芽を感じた。

どこかに忘れてきた幼少時の「夢」のような感じがした。それでも、私が感じたのと本人のめざすところは今まで往々にして違っていたが、今回は私は何かいい感じがした。ちょっと分かった気がした。

そのあと、銀座松屋の裏にある、野の花 に寄った。長野の川上村にはその種の野草はたくさんあるが、アレンジの仕方次第でその花の格もぐんと上がる。もう完成されたプチ盆栽はつまらないので、手に入らなそうで涼しげな野草を求めた。

青風知草と言う名だ。今日ベランダで大きい鉢に植えてみた。またココと散歩中に、椿の実生の幼い双葉を探したのでそれも植えてみた。今度川上から苔を持ってきて、ところどころに置いてみよう。いまのところは安定してないが、秋になれば、それぞれがしっくりとしてくるだろう。

以前、私は小さい時から園芸が好きだと書いたが、特に中学の頃の友人には、いつか、植木職人になって、「おばさーん、お茶が入りましたよー」って言われるのが夢といっていた時期もある。そう言えば、一昨日マンションの高木を植木屋さんが切っていた。窓からずっと、いいな、いいな、と思って見ていた。でも最近の私はつとに高所恐怖症が強くなったので、植木職人は無理かもしれない。

ちなみにその時、この夏の工作に、どうしても、あのケヤキの木が使いたいと思い、植木屋さんに木の枝を譲ってもらった。少し乾かしてから、ノコで引いて準備しよう。木も、きり刻まれても子どもたちの工作の材料になるならば本望だろう。木を切ってから、オナガや、カラスが切られた枝にやたらと止まっている。そんな観察を話せば、また子供たちは好奇心旺盛になって、面白い絵も描くだろう。

|

« 蛇騒動 | トップページ | DVDの選び方・3才の子用 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛇騒動 | トップページ | DVDの選び方・3才の子用 »