« サッカーW杯はイタリアが優勝! | トップページ | 子供の絵《デルフィニュウム》でココログ工事完了おめでとう! »

2006/07/12

曽野綾子「晩年の美学を求めて」を読む

Kawa5 長野の山の家の近辺もだいぶ様変わりをし始めている。以前来ていた人が来なくなったり、家を塗り替えたり、持ち主が変わったりしている。

寂しいけれど仕方がない。

木々も始めは林のようだったのに、今では反対の山側から見ると、高く伸びた木が家々を覆い隠して、深い森となり、まさに眠れる森の美女!

散歩中にマーガレットを見つけた。かつて私が受けた美大受験のモチーフとして使われた花だ。

あの、18歳から遠く遥かな時間が経ったが、葉をちぎって匂いを嗅げば、あの日の新鮮で初々しいころの自分には戻れる。瞬時ではあるが。

私は美学と言う字が好きだ。最近、その字に誘われて、曽野綾子の「晩年の美学を求めて」を読んだ。こういう本は本当の老年になる前に読んだ方がいい。そしてところどころに、聖書の出典があった。聖書も落ち着いて読んでみたい。

読んだ本が自分の体で栄養になるには、時間がかかる。母に向かい合うときそのところどころを思い出そう。

|

« サッカーW杯はイタリアが優勝! | トップページ | 子供の絵《デルフィニュウム》でココログ工事完了おめでとう! »

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーW杯はイタリアが優勝! | トップページ | 子供の絵《デルフィニュウム》でココログ工事完了おめでとう! »