« 2つのブログでアクセス10000 | トップページ | 夏の工作・森の山小屋・Ⅱ »

2006/08/31

夏の工作・森の山小屋・Ⅰ

Morinoiejpgyui あとりえでは夏休みに毎年、工作をする。時間を気にせずに、じっくりできるものにしている。今年は 《 森の山小屋  》 をバルサ材で作った。

実はこれは2年前にあとりえで作り、ユイちゃんはそれ以来、「 また山のおうちを作りたい、せんせ!」 と言い続けてきた。私は、基本的に工作はあまり、何度もしないことにしている。そのときの情熱を大切にしたいからだ。

今回は、ユイちゃんと約束して、やることにしていた。写真はユイチャンの作品です。

ただ、この工作は、材料集めも、なまじじゃない。言わせてもらえば、子供のテンポが違うし、めちゃめちゃ、指導も疲れる。何故かというと!子供の想像力、子供のわがままさ、そして、天衣無縫さ!それらを・・・・・・天然の木、まっすぐでない木を使って作ることだからだ。

以前はある簡単な自然素材で作ったが、それはアレルギーが出るかもしれないことが分かった。また時間が経つと虫が出る部分もありそうで、使いたくなかった。そこでできるだけ生木の枝を使いたかった。

長野では、よく木を切るが、少し経つとキノコが生えて腐食が始まる。そこで、今回は夏の前に枝を高枝切り用の鋏で切り、室内で乾かし、その後、剪定ばさみで細かく切って、準備した。また芯になる木は、浜松のアイスタジオで、バルサ材を特注して、すすめた。

木は枝の部分が出っ張っていたり、まっすぐでなかったりする。それをボンドでつけるためには我慢もしなければならない。「このおっ、くそ!」 などと頭にきていたら、10分とやっていられないだろう。いい子の皆はこんな言葉を真似しないでね!

《3匹の子豚》 の家に習い、石の家を砂利で作り、木の家はズミやシラカバ、リョウブの枝で、ワラの家はシラカバの皮を使い。作れるようにもした。また家を置く設定として、シナ合板の上に絵を描いたが、やはり、幼稚園児や小学校低学年までは平面の絵を描き、家を置いた。それはそれなりに、良いと考え、説明はしなかった。

|

« 2つのブログでアクセス10000 | トップページ | 夏の工作・森の山小屋・Ⅱ »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2つのブログでアクセス10000 | トップページ | 夏の工作・森の山小屋・Ⅱ »