« 2006年のジャガイモ,北明かりを食す | トップページ | 2つのブログでアクセス10000 »

2006/08/22

高原のハーブたち

Kawa060821_009 ピンクのモナルダが咲いた。紅いモナルダは7月から咲き始め、バトンタッチでピンクになる。どちらも花期が長く、葉は紅茶に入っている、ハーブだ。葉を触っても匂うが、そばを通っても香がする。そのため、チョウがたくさん来る。そばの畑で、私が作業をしている時、クロアゲハがしきりときては、蜜を吸っていた。

畑はジャガイモを採ったので、土が黒々として、それはそれなりに美しい。午前中、夕立があったので、午後から作業にとりかかったが、帰りの時間が決めてあるので、せわしない仕事ぶりになった。

畝を作り、鶏糞を撒き、大根と、小松菜の種をまいた。

Kawa060821_011 オレガノはイタリア料理に使えるハーブだ。こんなにたくさん生えているが、実際には料理に使っていない。

ミントもそばにあるが、オレガノに圧されて、少しになってしまった。きっと、「俺がのう、俺がのう!」 と自己主張したのでしょうね。

帰り始めると、空がだいぶ暗くなり、野辺山、清里と大粒の雨が降り始めた。きっと種は芽を出しやすくなるだろう。これがまた、鹿にやられずにすめばよいが。

|

« 2006年のジャガイモ,北明かりを食す | トップページ | 2つのブログでアクセス10000 »

自然」カテゴリの記事

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。