« 秋の花を描く・Ⅳ | トップページ | パステルカラーで切り貼り絵・Ⅰ »

2006/09/19

秋が来た。鹿もきた。ネズミも出た。

山の家では、白樺の葉が黄緑色から黄土や黄色に変わり、水分がなくなって、カサカサと音を立てて、落ちてくるようになった。

ズミの木はかつては、花が舞い散っていた時もあったけれど、今では5ミリほどの実を付けて秋を知らせている。この実が紅くなったり、黄色くなったりすると、葉の数は少なくなり、秋の深まりを肌の冷たさで感じる。

イタドリはすっくと伸びていた時も春の使者だったが、白い花を付けても秋の使者になる。頑強な枝を伸ばす時期はギンミドリウリハムシのデートスポットだった。

私が大切にして耕し、種をまき、土寄せしていた畑は、昨日と今日偶蹄目の鹿が来て、大根と蕪の芽をきれいさっぱり、食べていった。

夕刻になるとネズミは慌てて、天井裏からどこかへ出かけ、朝の5時になると帰ってきて、天井裏の寝床にはいる。

巡りめぐって、秋が来た。                                                      

                                                                                     06akizumijpg 06akiitadorijpg 06akijpg                

|

« 秋の花を描く・Ⅳ | トップページ | パステルカラーで切り貼り絵・Ⅰ »

自然」カテゴリの記事

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の花を描く・Ⅳ | トップページ | パステルカラーで切り貼り絵・Ⅰ »