« 秋の花を描く・Ⅰ | トップページ | 秋の花を描く・Ⅲ »

2006/09/15

秋の花を描く・Ⅱ

Akihanajpg03 Akihanajpg07jpg  Akinohanajpg19Akinohanajpg16                     

             

           ケンタ、ジュンペイ、ユイ、モモコの順

ユイ以外は前にあとりえにお姉さん、お兄さんがいた子たちだ。兄弟がいなくなると、はじめは物足りなさそうにしていたが、だんだん慣れて、通うようになった。

ケンタはつくづくと、姉のエミに似て、よくしゃべる、エミより、絵の表現が直感的だ。エミはおしゃべりが好きだったが、絵の表現は抑えているときがあった。姉弟を見ることでその違いが見えてくるように思う。

ジュンペイは最近表現の仕方が普通だったが、今回また元気に復活した。大きなアケビの時代物の籠を気にいって一生懸命描いた。

ユイとモモコは希望が丘の子たちだ。ユイは象のじょうろを一緒に描いた。モモコは何度も花の後を斜めの線で描いていいかと私に聞いた。

付記・この原稿を書いたあくる日、私は品川の病院に母を迎えに行き、薬屋に行った。壁には日本薬剤協会のポスターがあった。象が描かれているポスターだった。そして振り向くと、佐藤製薬のチビゾウさとちゃんが入り口においてある。なるほど!

ユイチャンは肝臓が悪いそうだ。近いうちに手術をして、お父さんから肝臓を移植すると聞いている。去年の夏も、入院している。学校を休まないで、毎日学校に行けるようにするために、手術するとも聞いた。他の子よりは病院に行く時間が長いからチビゾウサトちゃんをよく見るのだろう。だから、花にはジョウロ、ゾウのジョウロがそばにあれば、花が元気で居られると思ったのかもしれない。私は昨日指導していて、そのことに気づかなかったけれど、母の病院に行って、薬屋に行ってそのことに気づいた。

昭和医大の入り口で、去年の涼しさを感じて、ほろほろと泣いちゃったけれど、ユイチャンの絵の奥深さを知ったから、元気が出ました。ほんといい絵です。サラッとばんがれ!

|

« 秋の花を描く・Ⅰ | トップページ | 秋の花を描く・Ⅲ »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の花を描く・Ⅰ | トップページ | 秋の花を描く・Ⅲ »