« 夏の工作・森の山小屋・Ⅳ | トップページ | 秋の花を描く・Ⅰ »

2006/09/08

夏の工作・森の山小屋・Ⅴ

Yamaoyamizuki Yamagoyasino Yamagoyameiko

                

            

           

ミヅキ、シノ、メイコの順

「 4、5年の女の子は家は 《幸せ》 を具現するところととらえている 」 

教えていて、そう感じることがよくある。

絵や工作の作品の中で、幸せそうな表現がでてくる。この写真では野原に丸いテーブルがあったり、家の軒にはつっかえ棒があったり、町が幸せそうなローズ色だったりしている。私が気づかないところにもいろいろな工夫やアイデアがある。

もちろん子供たちの家庭が幸せなのだと思う。

あとりえではこのように、家を描いたり、家を作ったりするが、その外枠を設定することで《幸せ》の情景を表現することができる。こういうときに私はすかさず、どんな家に住むのとか、どういう人とくらすの? とか繰り返しきいている。まだまだ小さい子供たちにとって《人生や結婚》 は先の先の・・・先のことであっても純粋なこの時期に、理想の構築の《芽》 を意識して持たせることが大切に思う。その道具として、教室で作った作品を利用して、親子で会話して欲しい。

私も夫婦の姿をかたよりなく見せて、《幸せ》を具現したくなるような気持ちを持つように、していきたいと思う。

|

« 夏の工作・森の山小屋・Ⅳ | トップページ | 秋の花を描く・Ⅰ »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の工作・森の山小屋・Ⅳ | トップページ | 秋の花を描く・Ⅰ »