« 「三十か月」を読んで | トップページ | 庭の階段を修理する »

2006/10/19

今年の紅葉

Kawa061016_005_1 川上では日増しに紅葉が進んでいるだろう。だいぶ前に、散歩中,道のかたわらに芽がでていたヤマモミジを山小屋の日本庭園コーナーに植えておいたところ、しっかりと根付き、この頃では紅葉が楽しめるようになった。

秋に台風が来ても、葉を痛めつけずに過ぎ去ってくれると、きれいに黄色に変わる。今年は下方の葉が少し赤くなり、趣がある。

写真の下に黄色のシャベルが見える。春になると山ウドが出る場所だ。あそこには銀杏が埋めてある。果肉が溶けて中の種を洗って、フライパンで炒れば、おつまみの出来上がり。焼き銀杏。やはりそれには日本酒。新潟土産の雪中梅はいかが? もう一つおつまみは菊の酢の物。 

そして、話題はあとりえの子供たちのこと。昨日の課題も上々の出来。ノドカの集中力は良かった。子供と一緒に私も描いていたのでデジカメ取らず。よく描けた子には、ハナマルをあげる。近所の小学校では連日運動会の練習の太鼓がなっている。集団(マス)の中にいる子たちはあとりえに来て、個を取り戻し、自由になる。

|

« 「三十か月」を読んで | トップページ | 庭の階段を修理する »

自然」カテゴリの記事

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「三十か月」を読んで | トップページ | 庭の階段を修理する »