« 秋の果実・Ⅰ | トップページ | 秋の果実・Ⅲ »

2006/10/13

秋の果実・Ⅱ

Akikajitu0610jpg6 Akikajitu0610jpg4 Akikajitu0610jpg5                 

           

左からジュンペイ、マナミ、ユウキ。

子供たちはしっかりした家庭で育っていると、しつけはきちんとしているが、もう一つ、自由になれないこともある。もしかすると私の小さい時もそうだから。だから私はそれがわかっているから、なるべく、良い子でいて欲しいが、ここぞという時の自由さを感じさせて成長させたいと願っている。良い子でも何かにがんじがらめにされないように!

ジュンペイはかなりそれを実行している。もしかしたら次男だから。このところかなり良い感じで描いている。

マナミチャンはもしかすると初めて紹介する。かなり、しっかりとしたしつけをしている。こうあらねばならぬ 、という気持ちがなかなか強いため、細かい部分で気になることが多い。それと平行して絵を自由に描かせることも大切なこと。地道にこちらも接していきたい。

同じことをユウキちゃんに感じていたが小学校に入って、いろいろ1人でするようになって、子供なりの自立心が出てきたせいか、表現が凝り固まった感じ、裏返せば、まちがえるとがっかりして、いい加減になるということが少なくなった。

それでもあとりえでは幼稚園児が2年生に対等にお話して、コミュニケーションを図っている。少子化で一人っ子が多いが、なんとなく学校以外の場所で、お兄ちゃん、お姉ちゃんみたいな人と週1回会うのも楽しそう!

|

« 秋の果実・Ⅰ | トップページ | 秋の果実・Ⅲ »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の果実・Ⅰ | トップページ | 秋の果実・Ⅲ »