« パステルで描く・Ⅱ | トップページ | パステルで描く・Ⅳ »

2006/11/04

パステルで描く・Ⅲ

Pasuterujpg16Pasuterujpg17Pasuterujpg20_1Pasuterujpg21            

左から、Sミク、カスミ、ユキミ、ハルナ。下はFメグミ。

Sミクは今日がお誕生日でもう一枚の絵の中にイチゴを描いた。でもそれより、この方が色彩構成はいい。カスミは今日のは、いつもから比較すると普通の出来だ。ユキミはだんだん、絵の楽しさを感じてきたように描いている。彼女には3人のお兄さんがいるが、3人とも、以前あとりえに来ていた。ハルナはさっぱりした子、絵もこだわりはない。

Pasuterujpg22 メグミは線の構成から、色を塗る場所もよくよく考えて仕事を進めている。次女あいかの小さい時からの仕事の仕方に似ている。どのような道に進むかわからないが、きっと辛抱強くなにかをしていく子になるだろう。同学年の友だちのまとめ方もしっかりしている。絵が物語っている。

私は、いままで、子どもに教えていて、才能を感じても、言わないことにしている。努力をしなくなれば、才能もしぼむからだ。才能がなくても、努力し続けることで、自分できっとなにかが見えてくることもあるし、続けることで、楽しくなることもあるし、人も信じてくれる。ここで言ったからといって、メグミが、というわけではない。皆あとりえの子どもも私も発展途上にある。 まだまだね!                                                     

|

« パステルで描く・Ⅱ | トップページ | パステルで描く・Ⅳ »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パステルで描く・Ⅱ | トップページ | パステルで描く・Ⅳ »