« 自転車を描く・指導の方法・3 | トップページ | 自転車を描く・指導の方法・5 »

2006/11/11

自転車を描く・指導の方法・4

Jitennshajpg18Jitennshajpg17_1Jitennshajpg16Jitennshajpg15              

            

            今回の自転車で気づいたことは、ネジとか、空気入れのチューブの部分とかを描いた子は家で自転車を直している子だ。パンクするとお父さんか、おじいちゃんが水を入れた入れ物を持ってきて、穴の開いたゴムのところを直してくれていると思う。

そういえば、私の父も良く自転車の修理をしてくれた。その父も、来週の日曜日には一周忌の法要をする。もう一年が経った。 まだ、だめだ。私は父のことが大好きだ。自転車と言っては思い出し、今日の朝も、学芸大学のマッターホーンの名物ケーキのダミエ を食べては泣いてしまった。『お父さーん、お土産買ってきてね、マッターホーンのケーキよー!いってらっしゃい!』  よくそういって庭から父を見送った。あの庭も姿を変えた。でも、学芸大学のマッタ-ホーンのケーキの味は変わらないぞ。すごい。でも私はこのブログを書きながら泣いている。

作品は上左からSミク、メイコ、ノドカ、Hミク。

ノドカが集中して描いていた。小気味よいほどだ。Hミクはどうしても今回がんばって欲しかった。これからも、紹介していきたい。メイコのクレパスがふんわりして、夢の中の自転車みたい。

ところで、今日当たり、メイピーの自転車みたいな自転車に乗った父の夢を見たい。おばあちゃんの面倒がんばってみているんだから。

|

« 自転車を描く・指導の方法・3 | トップページ | 自転車を描く・指導の方法・5 »

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車を描く・指導の方法・3 | トップページ | 自転車を描く・指導の方法・5 »