« 忘れられない日光の旅 | トップページ | トップオブ・八ヶ岳 »

2006/11/16

きれいな町《喜連川》と忘れられないフォト

Kiduregawa_004日光のお参りの後は喜連川に行った。

喜連川神社から、見下ろすと寺町が広がり、階段を下りて行くと、足利家の菩提寺の龍光寺、御用掘りといわれる、鯉がゆったりと流れる堀が随所にあった。

日本も良い所がたくさんあるなあと思った。京都や奈良、観光を目的とした小京都といわれるところは日本各地にあるが、このような《隠れた大和》を探すのも楽しいものだ。申し訳ないが、芳州先生とは別行動の時によく巡り合う。

1年も経っているので、資料を探そうとインターネットで検索してみるが、栃木県のホームページ、さくら市(氏家町と喜連川町が合併)のホームページもあまり喜連川を美しくは表現できてはいないと思う。かろうじて喜連川商工会議所のホームページがいいかもしれない。

Kiduregawa_006Kiduregawa_016  町の中を流れる小さな川、御用堀には赤や白、黒、斑の入った鯉たちがゆったりと流れに身を任せている。刈り込まれた植木などの植栽は趣味もよく、町も塵一つなかった。

このあと、東北自動車道、常磐自動車道とぐるっとまわって、夜中に福島のいわきに行った。

あくる朝、朝食を食べている時に電話があり、父の死を知った。

《 写真を撮っている時 》と《 写真を見ている時 》と、こんなに気持ちの持ちようが違う写真もあるのだと思うと、私にとって、この喜連川は永久に忘れられないフォト になったのです。

父の命日は11月22日、いい夫婦の日だ。その日で一周忌を迎える。その日を境に私は、絶対に、気持ちをリセットする。つもりだ。

|

« 忘れられない日光の旅 | トップページ | トップオブ・八ヶ岳 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れられない日光の旅 | トップページ | トップオブ・八ヶ岳 »