« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の記事

2006/12/31

ヒットラーの足音を聞いた樹

Landsjpg3大晦日になった。喪中のため、いろいろパスして年末になったが、おせち料理は質素に調理し、出来合いも買った。ただし野菜の煮しめは例年どうり8種類煮た。

あとりえ・チビッコのブログを覗いたところ、《ランズベルグ、ドイツ、刑務所》で検索されていたので見てみた。

(付記:それは《第一次大戦》というホームページだった。)

ヒットラーが1924年12月20日ランズベルグ刑務所から出所したとある。そして写真は古い写真だが、そこには見たことがある門も木もあった。

芳州先生のドイツの写真を急ぎ、パソコンで大きくして見てみる。アーチのくり方と脇にある窓の位置とでBayertor門だと解った。私たちがランズベルグ2日目に訪れたところだ。

ミュンヘンからランズベルグに着くまでの車中で、多分ヒットラーはこの辺も移動していたのだろうと思いを廻らしていたが、やはりそうだったのか。

私のドイツへの旅の目的はほとんどが観光であるが、もう一つの動機は《戦後50年経った国》を見比べると言うもので、1994年から始まった。また主婦の立場からドイツの国民性、合理主義も学びたいと思っている。 (付記:そして私は7回のドイツ行きを経験し、もう《戦後60年経った国》にもなっている。日本も戦後60年経った国なのだ。平和が60年続いているということだ。)

4年前始めてミュンヘンの駅の裏の石畳を踏んだ時には、歴史の中心人物の影を感じた。軽いデジャブのようであった。そして、毎回感じるのはどうして、この真摯で、真面目、頭が良い民族がヒットラーを生んだのかと言う疑問だ。いつかその疑問が解けるかと思う割には不勉強ではあるが。

Landsjpg4 この写真はBayertor門の裏から撮っている。上の写真の手前の木が、まさにヒットラーといっしょに写っている細い木だ。私はこの木を撮るときに、樹齢はどのくらいだろうかと考えていた。それだけだったのが残念な気もするし、知らなくて良かった気もする。(付記:ちなみにヒットラーを迎えに行ったのは写真家ホフマンという。)

今年最後の更新です。皆様良い年を! あけましておめでとうは今年も言えないから。

| | コメント (0)

2006/12/29

今年から来年へ 

Kawakamiyuki1このブログはあとりえ・チビッコに入会するお子さんの保護者に理解を深めてもらうために開設しました。それと、昔の私と今の私にほんの少しの興味を持つ人が訪問してくださっています。

IT、パソコンには、たいして興味のない私がここまでブログを続けられたのはひとえに 《庄内拓明の知のヴァリトゥード》 のおかげです。

人はどうしてもやり遂げたいことがあると、苦手なことにも挑戦します。《旅歌ノート》 は海外に行って短歌のブログを更新したいと思い、携帯の設定をソフトバンクのお嬢さんに聞きました。春と冬のドイツ行きでは何とか使うことができるようになりました。短歌自体はお見苦しいものがありますが、ご容赦をお願いしますが。

そしてこのブログには、時々山内一豊田の妻が出てきます。写真家 豊田芳州の妻、また、校正者、秘書、運転手、シェフとして、縁の下の力持ちを演じております。

そして、一番のこのブログの中心は子供たちの造形作品です。日本の毎日のニュースには子供たちを取り巻く環境が、いい状態ではなくなっています。それでも、子供たちに夢を、また未来に向けての勇気を与えてあげられたらいいなと来年も努力したいと思っています。

今年もありがとう!

長野では念願通り、雪が降ったので、ココと庭駈け廻ってまーす。

| | コメント (2)

2006/12/28

暖冬、温暖化、シロクマ絶滅種になるのか?

Kawa_008kokorogu ここ川上でも気温がいつもの年より高い日が続いているようだ。一昨日の冬の嵐は、雨が激しく降っていた。いくら暖冬といっても2年前の2004年ほどであったなら、あの雨は大雪になっていたはずだ。朝になって雨音がしないので、雪かしら、と雨戸を開けてがっかり、茶のススキだらけ。

大人になってもKEICOCO先生は雪が好きだ。雪が降ると、高校生の頃、年末に友人と一緒に、新しい日記帳を探したことを思い出す。あの頃はよく雪が降った。仲良しだけどよく喧嘩もした。

先ほどのNHKのBSのニュースで、シロクマの北極における生息数が20パーセント減少したと伝えていた。あとりえ・チビッコでは写生会を時々している。写生会の前には、自分一人で、野毛山動物園に下見に行く。そこにシロクマもいる。最近行ってないがどうしただろうか。

そして、シロクマに会うと、かわいそうな気持ちと、子供たちのために野毛にいつまでもいてほしい複雑な気持になる。シロクマは傾斜のついた白い岩の台とプールの場所をウロウロと歩き、同じ動作を繰り返す。それもかわいそうで悲しくなる。

子供たちは写生会当日にそのことを話してもあまり理解できないで、ただ見ている。そのことを分かりやすく、子供たちにもしっかり教えないといけない。そして温暖化のことも。来年も造形教室だけじゃなくていろいろ問題意識を持つようにしたいし、子供たちにも働きかけていこう。

ちなみに野毛山動物園は夕方近くになって行くと、ものすごくスリリングだ。ジャングルにいるような気がする。

| | コメント (0)

2006/12/25

ドイツの誘惑@メリークリスマス

Germanyjpg6

                              

                                     

                         

皆様の幸せを祈ります

風邪を引きませんように

病気になりませんように

より良いドイツの写真は

豊田芳州のTheme》 を

| | コメント (0)

2006/12/24

ドイツの誘惑@本当の宗教心

Germanyjpg15_1 Germanyjpg16_1 ミュンヘンには教会がたくさんある。ここは大通りに面していて人が入りやすい、ビルガザール教会だ。ドアノブが人々の宗教心で磨かれて光っている。

以前にも書いたが、私はキリスト教の幼稚園に行き、その後、日曜学校の幼稚部の先生の助手を大学1年ぐらいまでしたが、集団に入りたくないという、私の気持ちの揺らぎから、教会には今では夏のバザーに行くだけの人になっている。ときどき悩みがあると新旧聖書の厚い本を「エイヤッ」と開け、そのページを読むことで心を落ち着けることがある。

Germanyjpg17フラウエン教会では聖歌隊が教会の中で 「アーアーアーアーアー」 「アーアーアーアーアー」 と練習していた。声を出すと会堂にこだましてきれいだった。

この教会でも何かこそばゆく、芳州より先に外に出た。強い宗教心のある人たちの邪魔をしてはいけない気がした。春に来た時にはそれほど感じなかったのだが。

クリスマスマルクトで手動のオルゴールを買った。最後に「イーザーホメタタエヨ」というので、小さい時に教会に行っていたときに歌っていた歌だ。今讃美歌の本で調べたら108番だった。何も疑うことなく純真な心の時に歌っていた歌だ。キリスト降誕の歌だ。

《 いざうたえ、いざいわえ、うれしきこのよい。かみの御子 あらわれぬ、いざほめたたえよ。 》

                                                 

| | コメント (0)

ドイツの誘惑@昼間のクリスマスマルクト

Germanyjpg11 今回のドイツ滞在中ずっと天気が良かった。着いた夜に雨が降り、帰る日にバスで走る時雪が舞った。

クリスマスのリースをあとりえ・チビッコでは30年ぐらい前から作っていたが、樅を使ったものは時々作っている。最近は花屋に樅を頼まずに川上の木を切って作れるので、予定が立てやすく、楽しい。今回クリスマスマルクトで見た木の種類は多種であったが、自由に木を組み合わせて考Germanyjpg13えていることに気づいた。来年のことを考えるとうれしくなってくる。鬼も笑うと思ったら、本当に鬼が出てきた。祭りの鬼が太鼓や鐘を鳴らして登場!もっと怖いのがいたけど写せなかった。私だって時々怒るとGermany_jpg14この写真ぐらいになるらしいけど、もっともっと、怖かった。きっと、中世のゲルマンの森にはお風呂に入らないうちに垢と汗と泥とで、動物と人間の間ぐらいにすごい形相になって鬼が暮らしていたんだろう。

マルクトで売っているクリスマスの飾りはハーブをつけたもの、シナモンのステック、オレンジピール、八角、ラベンダーなど。また、木の実をつけたものなど、発想が自由だった。大変参考になった。            

| | コメント (0)

ドイツの誘惑@車窓の景色と町の学生たち

Germany_jpg3 ミュンヘンから電車を乗り換えて50分程のところにある、ランズブルグ(レヒ川)にも行った。

途中の車窓の景色は一かたまりの町があると必ず、教会がある。 とがった屋根、丸い屋根の少し飛び出た教会が町や村のランドマークになっている。

車窓からの景色を見ていて小さい時からいつも思っていたこと。 う 

Germanyjpg5ランズベルグは城塞に守られるように立っている町だ。またレヒ川にも守られている。

ちょうど高校生と中学生の子たちが帰るところだった。ドイツでは学校は基本的に午前中で終わり、家に帰って昼食を食べ、小学生にはお母さんが足りない勉強を教えると聞いた。

何時だって、学校から帰るときはうれしい。私は集団生活が苦手で、小さい時から庭作りが好きだったので、こういう光景を見ただけで、嬉しそうと感じてしまう。

Germanyjpg9レヒ川は水量が多く豪快な流れだが日本の川とはまた少しニュアンスが違う。町を守り、川の美しさも守り、橋も作りすぎていない。ちなみにライン川下りをした時にもそう感じた。フランクフルトの1、2駅先のマインツを通るライン川には2本ぐらいしか橋は無かったと思う。日本で言ったら東京に近い隅田川にはもっとメチャクチャ橋が架かっている。ドイツは美を優先にしているし、自然を大切にしている。

川沿いに歩き時々写生したりしながらランズベルクを遠くから写した。夢を見ているようだった。

| | コメント (0)

ドイツの誘惑@クリスマス・マルクト

Germany_jpg2ドイツのクリスマスは夜が早いせいか、言葉が解らないからか神聖な感じがする。あちらにいる間ずっと、宗教的な重さを感じていた。

日本に戻ってから電車や雑踏の中での日本人の会話に絶望的な品のなさと、いわゆるエコノミックアニマルなエゲツナサを感じている。

こんなこと書く予定じゃなかったのだが、書いてしまう。

旅行中はいつも、背中に《日本代表》のゼッケンを付けて、背中をピッとさせて行動しているため、戻って街中での女性の中年同士や、若い男女の会話が、いやらしく聞こえる。いやらしい会話は口元が歪む。

まず日本語が解るからが、最大の理由になるが、あの、ミュンヘンの市庁舎前のマリエン広場にはそういう空気もなかったし、私の読唇術でも、そういった言葉を話している人は皆無だった。

Germanyjpg1 広場ではたくさんの店が出ているが、市庁舎テラスで賛美歌もしくはバッハの曲の合唱をしていた人たちがいた。私のそばにいた父親は女の子を肩車してそれを聞き、説明していた。私にはドイツ語は解らないが、心で「あの人たちはいつも練習して、今ここで皆に歌ってくださっているんだよ。」と聞こえた。

人形を売っている店の前で、赤ちゃんの人形をかわいいと思って見ていたら、私と同じ位の年のドイツ女性とすぐそばで目が合い、言葉は無くとも「子供たちが小さい時は可愛かったわね!」と目で話が出来た。また、今子供を育てている人がバギーを走らせ、「可愛いけど、毎日大変!」と言っていた。それは英語だったような。

| | コメント (0)

2006/12/20

サンテグジュ・ペリに会ったような

German4jpgsora パソコンの通じない世界から戻りました。といっても、私が不勉強なだけで、本当はパソコンを使えたはずなのですが、つなぎかけて無理そうなのでやめたのです。

ドイツのミュンヘンから昨日午後、戻りました。帰ってから、預けてあったココを迎えに行き、久しぶりの日本食のご飯を食べて、明日のあとりえの工作の支度をして、今《あとりえ・チビッコ》のブログを見たら、誰だか分からないけど、20人の人が見ていてくれているので、がんばって近況報告ぐらいしなきゃと写真を1枚だけサイズを縮小してここに載せることにしました。

今まで何回かドイツに行っていますが、夜の便で帰るのは初めてでした。この光景はまだミュンヘンを飛び立ってすぐで、夕暮れの始まりです。この後3時間後から、空には星が瞬き、地上には少しずつ動いている町々の明かりが瞬き、私にとって始めて見る空と大地だった。感動した。天の川、北斗七星、北極座が見えた。おじいちゃんと滋子さんの星を探すのを忘れていた。飛行機の窓に顔をつけて見続け、スケッチブックに真っ暗な中でメモを取った。サンテグジュ・ペリがもう1機の飛行機でそばを飛んでいるような、サンテグジュ・ペリに会ったような気がした。眠いので今日はこれでおしまい。

| | コメント (0)

2006/12/07

ゴムスポンジで作るクリスマス飾り・D

Treejpg7 希望が丘のSHUは先週お休みだった、そこで今週1回でこの工作をした。粘土なしで、要領よく出来るように指導。バランスもよくシンプルでいい作品が出来た。

メリークリスマスはまだ早いが、

これからしばらくインターネットできないかもしれないところに行くので、ブログ「あとりえ・チビッコ」の更新はないかもしれません、が、パソコンは持っていくので書くかもしれませんので、ブログに訪問するのは、お構いなくおいでください。もしかすると、アッと驚く映像を載せるかもしれませんが、何も出来ないかもしれないので、がっかりするかもしれません。

| | コメント (0)

ゴムスポンジで作るクリスマス飾り・C

Treejpg5Treejpg6 左からシホ、ハルナ、メグミ。さすがに6年生はイメージが行動に出ていて、いいですね。

今年初めてのクリスマス工作をした、シホはうれしそうだった。良かったね。

ハルナは高層マンションに住んでいる。そこで粘土でマンションを作った、いや、学校だったのをマンションにさせたのだっけ?私はこの指導と準備はなまじじゃ出来ないほどだったので、混乱気味です。そして、ハルナの作ったマンションは灯りのついているうちと暗いうちがある。みんなといっしょに楽しく工作でよかったね。

メグミは皆とは違う木にした。モチモチの木みたいね。ガラスを丁寧において出来上がっていった。この工作2回目の昨日、富井先生が来たので、みんなうれしくなっていた。カスは、ツリーがどんどん、クリスマスから離れているみたいにサイケデリックになって行った。写真が撮りにくかったので写しませんでした。

| | コメント (0)

ゴムスポンジで作るクリスマス飾り・B

Treejpg4 Treejpg2_1 左からミヅキ、ヒナタ、ハナカの作品。目いっぱい飾り立ててデコラテイブなミヅキ。

ヒナタはボーイッシュだから青のベースをすすめた。どうしても色の数を準備段階で決められなかったので、私がやりたくない、男女で色を変えた。女の子は赤、男の子は青。仕方なかったの、青でやりたかった子、ごめんね。今年は町々のイルミネーションが青が多い。発光ダイオウドのためだと聞いた。

ハナカも仕事が幼稚園児にしては、丁寧なので、こちらが教えるのにきんちょうすることもある。でもね、でもね、かわいいんだよね。うさちゃん!

| | コメント (0)

ゴムスポンジで作るクリスマス飾り・A

Treejpg1 2週にわたり、クリスマス飾りを作った。

柔らかい感触のゴムスポンジを見つけたので、クリスマスカラーの赤、青、緑で作る。細かい作業にもかかわらず小さい子から大きい子まで、楽しく、大騒ぎしながら作る。上はユキミ(赤)、ノドカ(青)の作品。ノドカは仕事が丁寧になった上、明快だ。小さい時に3人の姉弟で来ていたのがシン       ジラレナイほど、お兄ちゃんになった。ユキミにも3人のお兄ちゃんがいる。雪見大福ちゃんね。赤ちゃんの時からそのあだ名をつけていた子が今ここにいるなんて、シンジラレナイ!

Treejpg3 下はHミクの作品。彼女の作品を取り上げる回数が少なかったが、デコラティブなものが得意だ。子どもらしい元気な表現が、かわいい!

| | コメント (0)

2006/12/05

昆虫の研究 昆虫産業 虫

Musikenjpg 朝日新聞の12月2日付け夕刊に「商品開発 虫が手本」の記事を興味深く見た。

「鮮やかな光沢のチョウや玉虫の発光原理などを応用し、ナノテクノロジーを駆使して商品を開発する動きが活発だ。染料を使わなくても輝く繊維、超節水型の泡風呂・・・・・。ミノムシを参考に考案した温かな布団もある。お手本が自然そのものだけに、環境にも優しい。小さな虫たちが秘めている可能性は無限大だ。」 (ヤマネ由紀子)

私は美術系のため、この後に続く物理系のお話はよくわかんないが、、要するにアイデアとして虫から学び、生かすことがあるということだ。

今、子供たちに虫と遊ぶ時間は限られているが、出来うる限り、虫と遊び、虫に接してもらいたいと思う。虫の絵もいっぱい描いて欲しい。

ちょうど土曜日に私のブログへのアクセスの中に、グーグル検索のメキシコ版に、あとりえのFカスミの虫(2005・0909)とⅠリョウの情操教育(2005・12・30) の写真が載っていたので、偶然にしても面白いと思い、コピーし朝日の記事とともに、写真を脇に載せた。

昨日の気温はこの冬最低を記録した。虫たちは蛹になってあちこちに隠れている。虫好きな子供たちも虫取りは中断だ。いくら温暖化でも15度が続かないと虫は出てこない。今は冬だ。もう冬だ。春はまだまだだ。

手塚治虫もその名前をオサムシからとったと言う。オサムシは川上村の我が家の畑ではちょうど1ヶ月前くらいの11月始めによくいる。秋の終わりに姿を現す。

あとりえには本当に虫好き少年や虫愛ずる姫がいる。私自身がそうだったように、これからも虫好きの子供が増え、無理かもしれないが、虫も増えてくれればいいのにな。

| | コメント (0)

2006/12/04

NHKドラマ 《功名が辻》 来週最終回

あとりえ・チビッコでは11月末からアドヴェントのようにクリスマスリースを2週にわたり、作っている。工作の材料集めや、その試作のため、KEICOCO先生も忙しく動いている。

さて、《功名が辻》 も来週10日が最終回になったようだが、あとりえのユウキちゃんはいつも功名が辻を見ていて、毎週楽しみにしている。彼女にとって、このドラマは生涯忘れずに記憶されて、多分将来、良きお嫁さんになることでしょう。

今まで、このブログを見ていた方はご存知ですが、私も一豊の妻千代に見習い、夫を支える妻を演じ続けております。そして私どもの名前の一部含めて、《山内一豊田》などと、うそぶき、おもしろ、おかしく暮らしております。

さてさて、最近我が背の君、山内一豊田、実はなにあろう、芳州先生の《豊田芳州のTheme》でもリンクしてございますが、このたび『オリンパスE-system プロギャラリー』ならびに、『オリンパスの技術は、感動のためにある』 に紹介されました。今までフリーになって、いろいろな方々のご支援、お力添えがあってここまで参りましたが、今回このような形になり、大変身に余る喜び、光栄、感動でございます。

このあとりえ・チビッコのブログを立ち上げ、《豊田芳州のTheme》 を妻として協力して立ち上げた甲斐があった、というものでございます。ここに御礼して、紹介させていただきます。

さてまた、あとりえのお母様方、お女中の皆様方、女の鏡、『山内一豊の妻』ですぞ! 戦乱の世、ITの時代を心して、泳ぎきってくださいませ、ませ。来週12月10日夜8時、《功名が辻》 最終回でありまする!

追記// 先生、忙しすぎておかしくなったんじゃありませんから、ご心配なく。ホホホ。明後日でクリスマスリースが出来上がり、あとりえの子の家の玄関がかわいくなるでしょう。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »