« ドイツの誘惑@車窓の景色と町の学生たち | トップページ | ドイツの誘惑@本当の宗教心 »

2006/12/24

ドイツの誘惑@昼間のクリスマスマルクト

Germanyjpg11 今回のドイツ滞在中ずっと天気が良かった。着いた夜に雨が降り、帰る日にバスで走る時雪が舞った。

クリスマスのリースをあとりえ・チビッコでは30年ぐらい前から作っていたが、樅を使ったものは時々作っている。最近は花屋に樅を頼まずに川上の木を切って作れるので、予定が立てやすく、楽しい。今回クリスマスマルクトで見た木の種類は多種であったが、自由に木を組み合わせて考Germanyjpg13えていることに気づいた。来年のことを考えるとうれしくなってくる。鬼も笑うと思ったら、本当に鬼が出てきた。祭りの鬼が太鼓や鐘を鳴らして登場!もっと怖いのがいたけど写せなかった。私だって時々怒るとGermany_jpg14この写真ぐらいになるらしいけど、もっともっと、怖かった。きっと、中世のゲルマンの森にはお風呂に入らないうちに垢と汗と泥とで、動物と人間の間ぐらいにすごい形相になって鬼が暮らしていたんだろう。

マルクトで売っているクリスマスの飾りはハーブをつけたもの、シナモンのステック、オレンジピール、八角、ラベンダーなど。また、木の実をつけたものなど、発想が自由だった。大変参考になった。            

|

« ドイツの誘惑@車窓の景色と町の学生たち | トップページ | ドイツの誘惑@本当の宗教心 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツの誘惑@車窓の景色と町の学生たち | トップページ | ドイツの誘惑@本当の宗教心 »