« 今はやりのテーブルフォトを撮って見ました | トップページ | バレンタインデーまで❤ あと10日❤Ⅰ »

2007/02/01

ピザの実験はじめる

Pizajpg1 2月に入るとの粘土模型として《食べられるピザ》を作る。その試作を今日作ってみた。子供たちが待ちに待った《食べられる粘土工作》だ。

以前は、発酵にかける場所と時間が工面できず、ある場所を消毒して始めた。言ったらお母さんたちが驚くだろうが、そこしか考えられなかった。お風呂場。今から10数年前のことだ。今では発砲スチロールの箱を使っている。だがその時、誰一人お腹をこわした子はいなかったが、それをしてしばらくたってから、O157が流行り始め、狂牛病やら、ノロウィルスやらが流行りはじめ、この工作は一時ストップしていた。Pizajpg2_1

いつもいつも、衛生上の問題が起きたらいけないと、衛生上に気を配り、2年に1度くらいの割合で、ピザを課題としてとりあげたいと思っている。 自分の子供にやってあげたいことは、人の子にもする。自分の孫にやってあげたいことはよその孫にもする。

子供は決められた以外、予定外のこともするので、それに対応できるようにしておかなければいけない。今日はイースト発酵の手順を間違えてしまった時の例を考えて作ってみた。下の写真はまだ焼いていないものだ。これから時々、ピザが我が家の食卓にのぼるだろう。

楽しく手先を動かす工作、柔らかいママの胸の感触に似た生地をまとめること、出来上がった美味しいピザを家に帰って家族と食べること、子供たちにとって一石三丁の幸せになるはずだ。

|

« 今はやりのテーブルフォトを撮って見ました | トップページ | バレンタインデーまで❤ あと10日❤Ⅰ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今はやりのテーブルフォトを撮って見ました | トップページ | バレンタインデーまで❤ あと10日❤Ⅰ »