« ここにあの子がいる 《自画像》・Ⅲ | トップページ | ここにあの子がいる 《自画像》・Ⅴ »

2007/03/04

ここにあの子がいる 《自画像》・Ⅳ

Jigazou_020_1Jigazou_019_1Jigazou_018Jigazou_017               

             

             

             

サヤカ、モモコ、エリナ、ユイの順。

希望が丘、八つ橋幼稚園での教室の3年生の4人組。

それぞれ別の学年から入会したが、絵が好きで続けて通っている。

サヤカも今回は自分を描くことにも、観察をすることにも真剣だった。作品の出来具合も評価する時には重要だが、その子のプロセスを見ることも重要だ。このような絵画を教えているところでの通算してのその子の評価を大切にしたい。学習、ピアノ、習字、そろばんではこういう評価はできにくいと思う。

モモコも同じだ。そして、絵の中でうしろに音符を書いた。大倉山教室と違いこの日はのどかな春のような日だったので、4人ともバックが柔らかな表現になっている。

エリナは、繊細な表現が得意であるし、好きだ。今回は絵の具でがんばった。洋服の布のモチーフも滲まぬように、工夫して塗っていった。女の子なのに、寡黙なので、いつも守ってあげなければとこちらが思っているが、負担に感じることもあるかもしれない。このような絵が描けて、うれしいが、この繊細さをずっと続けて表現する場が中学、高校とあって欲しいと願う。

ユイはマイペースで描いているが、それは誰からも指導を受けているものでもない。ただ課題があれば、こう描くのだから、やはり、アトリエに通ってこその、作品が残るものなのだろう。やらなければ、何も残らない。大きな声では言えないが、小さな声では聞こえぬが、小学校でこのような働きかけはすまい。

そして、今の学年はさようなら、新しい学年にこんにちは!

|

« ここにあの子がいる 《自画像》・Ⅲ | トップページ | ここにあの子がいる 《自画像》・Ⅴ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

KEICOCOぎゃらりー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここにあの子がいる 《自画像》・Ⅲ | トップページ | ここにあの子がいる 《自画像》・Ⅴ »