« メニューブックを作る(母の日のために) | トップページ | 佐久総合病院の人間ドック »

2007/04/30

鹿との戦い・再スタート

Kawasika_005Kawasika_002Kawasika_0064月に入ると川上村の畑では農耕車が入り、肥料を鋤きこんだり、畝を作ったり、マルチを敷いたりする。レタス作りのプロたちは毎年、天候を予測して農業をしている。

生意気に我が家の畑も同じように、シャベルで耕し、畝を作り、肥料を鋤く。今までに何度もこのブログで書いているが、そのように努力して農作業をしても、大根が途中で鹿に食べられてしまう。   

今日、遊びに来ていた親戚の子が帰ってから、畑の周りのススキ刈りをしながら、今年は本当にどうしよう、と見まわっていた。すると、10日前に見たときにはなかった、鹿の糞が、黒々とある。どこまであるか見ていくうちに隣の敷地にもある。数えてみると、うちの敷地は15くらい、隣の敷地には30位塊である。たどり着いてぐるっと回って目を上げると、うちの畑がよく見える。写真の白い木は鹿が角を擦ったと思われる幹だ。

絶望的な感じもあるが、今年は白樺の木に針金を渡していくやり方にすることにした。

明日、カインズホームか、コメリで材料調達! 人と鹿との頭脳戦 再スタート!

|

« メニューブックを作る(母の日のために) | トップページ | 佐久総合病院の人間ドック »

自然」カテゴリの記事

田園の誘惑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メニューブックを作る(母の日のために) | トップページ | 佐久総合病院の人間ドック »